日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP を使用したRHEL 9.0でのNVMe-oFホストの設定

寄稿者

サポート性

NVMe-oF(NVMe/FCとNVMe/TCPを含む)は、ONTAP アレイでのストレージフェイルオーバー(SFO)の実行にANA(Asymmetric Namespace Access)が必要なRHEL 9.0でサポートされます。ANAは、NVM環境でも同じです。現在はカーネル内のNVMeマルチパスで実装されています。このドキュメントには、RHEL 9.0およびONTAP でANAをターゲットとして使用し、カーネル内でNVMeマルチパスを有効にするための詳細が記載されています。

の機能

  • RHEL 9.0以降では、NVMe/FCはテクノロジプレビュー機能ではなくなりましたが(RHEL 8とは異なり)、完全にサポートされているエンタープライズ機能自体が追加されています。

  • RHEL 9.0以降では、明示的な設定(RHEL 8とは異なり)を必要とせずに、NVMeネームスペースに対してインカーネルNVMeマルチパスがデフォルトで有効になっています。

制限

  • NVMe/FC とは異なり、 NVMe/FC は自動接続機能を備えていません。これは、Linuxホストでは次の2つの大きな制限事項を反映しています。

    • パスが復活した後に自動再接続が行われない-NVMe/TCPは、パスがダウンしてからデフォルトの「Ctrl-loss -TTMO」の10分を超えて復活したパスに自動的に再接続することはできません。

    • ホストのブート時に自動接続が行われない- NVMe/FCはホストのブート時にも自動的に接続できません。NVMe/FCのONTAP フェイルオーバーイベント(SFOなど)を快適に潮汐させるには、「ctrl_loos_tmo」タイマーを微調整して、30分などの長い再試行期間を設定することをお勧めします。

設定要件

を参照してください "NetApp Interoperability Matrix を参照してください" サポートされている構成の正確な情報については、を参照

カーネル内の NVMe マルチパスを有効にします

手順
  1. サーバにRHEL 9.0をインストールします。インストールが完了したら、指定したRHEL 9.0カーネルを実行していることを確認します。を参照してください "NetApp Interoperability Matrix を参照してください" サポートされるバージョンの最新のリストについては、を参照してください。

  2. インストールが完了したら、指定したRHEL 9.0カーネルを実行していることを確認します。を参照してください "NetApp Interoperability Matrix を参照してください" サポートされるバージョンの最新のリストについては、を参照してください。

    # uname -r
    5.14.0-70.13.1.el9_0.x86_64
  3. 「nvme-cli」パッケージをインストールします。

    # rpm -qa|grep nvme-cli
    nvme-cli-1.16-3.el9.x86_64
  4. ホストで、 /etc/nvme/hostnqn に示されたホスト NQN 文字列を確認し、 ONTAP アレイの対応するサブシステムのホスト NQN 文字列に一致することを確認します。例:

    # cat /etc/nvme/hostnqn
    nqn.2014-08.org.nvmexpress:uuid:9ed5b327-b9fc-4cf5-97b3-1b5d986345d1
    ::> vserver nvme subsystem host show -vserver vs_fcnvme_141
    Vserver     Subsystem Host     NQN
    ----------- --------------- ----------------------------------------------------------
    vs_fcnvme_14 nvme_141_1 nqn.2014-08.org.nvmexpress:uuid:9ed5b327-b9fc-4cf5-97b3-1b5d986345d1
    注記 ホストのNQN文字列が一致しない場合は、「vserver modify」コマンドを使用して、対応するONTAP サブシステム上のホストのNQN文字列を、ホストの「/etc/nvme/hostnqn」のホストNQN文字列と一致するように更新します。
  5. ホストをリブートします。

NVMe/FC を設定

Broadcom / Emulex

  1. サポートされているアダプタを使用していることを確認します。サポートされているアダプタの最新のリストについては、を参照してください "NetApp Interoperability Matrix を参照してください"

    # cat /sys/class/scsi_host/host*/modelname
    LPe32002-M2
    LPe32002-M2
    # cat /sys/class/scsi_host/host*/modeldesc
    Emulex LightPulse LPe32002-M2 2-Port 32Gb Fibre Channel Adapter
    Emulex LightPulse LPe32002-M2 2-Port 32Gb Fibre Channel Adapter
  2. 推奨される Broadcom lpfc ファームウェアとインボックスドライバを使用していることを確認します。サポートされているアダプタドライバとファームウェアのバージョンの最新リストについては、を参照してください "NetApp Interoperability Matrix を参照してください"

    # cat /sys/class/scsi_host/host*/fwrev
    12.8.351.47, sli-4:2:c
    12.8.351.47, sli-4:2:c
    # cat /sys/module/lpfc/version
    0:14.0.0.4
  3. lpfc_enable_fc4_type’が'3’に設定されていることを確認します

    # cat /sys/module/lpfc/parameters/lpfc_enable_fc4_type
    3
  4. イニシエータポートが起動して実行中であること、およびターゲット LIF が表示されていることを確認してください。

    # cat /sys/class/fc_host/host*/port_name
    0x100000109b1c1204
    0x100000109b1c1205
    # cat /sys/class/fc_host/host*/port_state
    Online
    Online
    # cat /sys/class/scsi_host/host*/nvme_info
    
    NVME Initiator Enabled
    XRI Dist lpfc0 Total 6144 IO 5894 ELS 250
    NVME LPORT lpfc0 WWPN x100000109b1c1204 WWNN x200000109b1c1204 DID x011d00 ONLINE
    NVME RPORT WWPN x203800a098dfdd91 WWNN x203700a098dfdd91 DID x010c07 TARGET DISCSRVC ONLINE
    NVME RPORT WWPN x203900a098dfdd91 WWNN x203700a098dfdd91 DID x011507 TARGET DISCSRVC ONLINE
    
    NVME Statistics
    LS: Xmt 0000000f78 Cmpl 0000000f78 Abort 00000000
    LS XMIT: Err 00000000 CMPL: xb 00000000 Err 00000000
    Total FCP Cmpl 000000002fe29bba Issue 000000002fe29bc4 OutIO 000000000000000a
    abort 00001bc7 noxri 00000000 nondlp 00000000 qdepth 00000000 wqerr 00000000 err 00000000
    FCP CMPL: xb 00001e15 Err 0000d906
    
    NVME Initiator Enabled
    XRI Dist lpfc1 Total 6144 IO 5894 ELS 250
    NVME LPORT lpfc1 WWPN x100000109b1c1205 WWNN x200000109b1c1205 DID x011900 ONLINE
    NVME RPORT WWPN x203d00a098dfdd91 WWNN x203700a098dfdd91 DID x010007 TARGET DISCSRVC ONLINE
    NVME RPORT WWPN x203a00a098dfdd91 WWNN x203700a098dfdd91 DID x012a07 TARGET DISCSRVC ONLINE
    
    NVME Statistics
    LS: Xmt 0000000fa8 Cmpl 0000000fa8 Abort 00000000
    LS XMIT: Err 00000000 CMPL: xb 00000000 Err 00000000
    Total FCP Cmpl 000000002e14f170 Issue 000000002e14f17a OutIO 000000000000000a
    abort 000016bb noxri 00000000 nondlp 00000000 qdepth 00000000 wqerr 00000000 err 00000000
    FCP CMPL: xb 00001f50 Err 0000d9f8
  5. 1MBのI/Oサイズを有効にします。

    lpfc’ドライバから問題 I/Oへの要求を最大1MBにするには’lpfc_sg_seg_cnt’パラメータを256に設定する必要があります

    # cat /etc/modprobe.d/lpfc.conf
    options lpfc lpfc_sg_seg_cnt=256
    1. 「 racut-f 」コマンドを実行してからホストを再起動します。

    2. ホストが起動したら’lpfc_sg_seg_cnt’が256に設定されていることを確認します

      # cat /sys/module/lpfc/parameters/lpfc_sg_seg_cnt
      256

Marvell/QLogic

RHEL 9.0カーネルに含まれているネイティブインボックスのqla2xxxドライバには、ONTAP のサポートに不可欠な最新のアップストリーム修正が含まれています。サポートされているアダプタドライバとファームウェアのバージョンが実行されていることを確認します。

# cat /sys/class/fc_host/host*/symbolic_name
QLE2742 FW:v9.06.02 DVR:v10.02.00.200-k
QLE2742 FW:v9.06.02 DVR:v10.02.00.200-k

Marvell アダプタが NVMe/FC イニシエータとして機能できるように、「 ql2xnvmeenable 」が設定されていることを確認します。

# cat /sys/module/qla2xxx/parameters/ql2xnvmeenable
1

NVMe/FC を設定

NVMe/FC とは異なり、 NVMe/FC は自動接続機能を備えていません。これは、Linux NVMe/FCホストには次の2つの大きな制限事項があることを反映しています。

  • パスが復活した後に自動再接続が行われない-NVMe/TCPは、パスがダウンしてからデフォルトの「Ctrl-loss -TTMO」の10分を超えて復活したパスに自動的に再接続することはできません。

  • ホストのブート時に自動接続が行われない- NVMe/FCはホストのブート時にも自動的に接続できません。ONTAP フェイルオーバーイベント (SFO など ) を快適に利用するには 'Ctrl_LONS_TMO' タイマーを調整して '30 分間などの長い再試行期間を設定することをお勧めします詳細は次のとおりです。

手順
  1. イニシエータポートが、サポートされているNVMe/FC LIF経由で検出ログページデータを読み込めたかどうかを確認します。

    # nvme discover -t tcp -w 192.168.1.8 -a 192.168.1.51
    
    Discovery Log Number of Records 10, Generation counter 119
    =====Discovery Log Entry 0======
    trtype: tcp
    adrfam: ipv4
    subtype: nvme subsystem
    treq: not specified
    portid: 0
    trsvcid: 4420
    subnqn: nqn.1992-08.com.netapp:sn.56e362e9bb4f11ebbaded039ea165abc:subsystem.nvme_118_tcp_1
    traddr: 192.168.2.56
    sectype: none
    =====Discovery Log Entry 1======
    trtype: tcp
    adrfam: ipv4
    subtype: nvme subsystem
    treq: not specified
    portid: 1
    trsvcid: 4420
    subnqn: nqn.1992-08.com.netapp:sn.56e362e9bb4f11ebbaded039ea165abc:subsystem.nvme_118_tcp_1
    traddr: 192.168.1.51
    sectype: none
    =====Discovery Log Entry 2======
    trtype: tcp
    adrfam: ipv4
    subtype: nvme subsystem
    treq: not specified
    portid: 0
    trsvcid: 4420
    subnqn: nqn.1992-08.com.netapp:sn.56e362e9bb4f11ebbaded039ea165abc:subsystem.nvme_118_tcp_2
    traddr: 192.168.2.56
    sectype: none
    ...
  2. 同様に、もう一方のNVMe/FCイニシエータターゲットLIFのコンボファイルが検出ログページのデータを正常に取得できることを確認します。例:

    # nvme discover -t tcp -w 192.168.1.8 -a 192.168.1.51
    # nvme discover -t tcp -w 192.168.1.8 -a 192.168.1.52
    # nvme discover -t tcp -w 192.168.2.9 -a 192.168.2.56
    # nvme discover -t tcp -w 192.168.2.9 -a 192.168.2.57
  3. ノード全体でサポートされているすべての NVMe/FC イニシエータターゲット LIF に対して、「 nvme connect -all 」コマンドを実行します。接続中に 'ctrl_loss _tmo' 期間を延長して(たとえば '-l 1800' で設定できる 30 分) ' パスが失われた場合に再試行するようにしてください例:

    # nvme connect-all -t tcp -w 192.168.1.8 -a 192.168.1.51 -l 1800
    # nvme connect-all -t tcp -w 192.168.1.8 -a 192.168.1.52 -l 1800
    # nvme connect-all -t tcp -w 192.168.2.9 -a 192.168.2.56 -l 1800
    # nvme connect-all -t tcp -w 192.168.2.9 -a 192.168.2.57 -l 1800

NVMfを検証してください

  1. 次のチェックボックスをオンにして、カーネル内の NVMe マルチパスが実際に有効になっていることを確認

    # cat /sys/module/nvme_core/parameters/multipath
    Y
  2. 各ONTAP ネームスペースの適切なNVMf設定(たとえば、「NetApp ONTAP Controller」に設定されたモデルとロードバランシング「iopolicy」を「ラウンドロビン」に設定)がホストに正しく反映されていることを確認します。

    # cat /sys/class/nvme-subsystem/nvme-subsys*/model
    NetApp ONTAP Controller
    NetApp ONTAP Controller
    # cat /sys/class/nvme-subsystem/nvme-subsys*/iopolicy
    round-robin
    round-robin
  3. ONTAP ネームスペースがホストに正しく反映されていることを確認します。例(A)、

    # nvme list
    Node         SN                    Model                   Namespace   Usage
    ------      ---------------------------------------      ------------------------
    /dev/nvme0n1 814vWBNRwf9HAAAAAAAB  NetApp ONTAP Controller  1          85.90 GB / 85.90 GB
    
    Format         FW Rev
    ---------------------
    4 KiB + 0 B   FFFFFFFF

    例(b):

    # nvme list
    Node           SN                   Model                    Namespace   Usage
    ---------------------------------------------------- ------------------------------------
    /dev/nvme0n1   81CZ5BQuUNfGAAAAAAAB NetApp ONTAP Controller   1         85.90 GB / 85.90 GB
    
    Format         FW Rev
    -----------------------
    4 KiB + 0 B   FFFFFFFF
  4. 各パスのコントローラの状態がライブであり、適切なANAステータスであることを確認します。例(A)、

    # nvme list-subsys /dev/nvme0n1
    nvme-subsys0 - NQN=nqn.1992-08.com.netapp:sn.5f5f2c4aa73b11e9967e00a098df41bd:subsystem.nvme_141_1
    \
    +- nvme0 fc traddr=nn-0x203700a098dfdd91:pn-0x203800a098dfdd91 host_traddr=nn-0x200000109b1c1204:pn-0x100000109b1c1204 live inaccessible
    +- nvme1 fc traddr=nn-0x203700a098dfdd91:pn-0x203900a098dfdd91 host_traddr=nn-0x200000109b1c1204:pn-0x100000109b1c1204 live inaccessible
    +- nvme2 fc traddr=nn-0x203700a098dfdd91:pn-0x203a00a098dfdd91 host_traddr=nn-0x200000109b1c1205:pn-0x100000109b1c1205 live optimized
    +- nvme3 fc traddr=nn-0x203700a098dfdd91:pn-0x203d00a098dfdd91 host_traddr=nn-0x200000109b1c1205:pn-0x100000109b1c1205 live optimized

    例(b):

    # nvme list-subsys /dev/nvme0n1
    nvme-subsys0 - NQN=nqn.1992-08.com.netapp:sn.56e362e9bb4f11ebbaded039ea165abc:subsystem.nvme_118_tcp_1
    \
    +- nvme0 tcp traddr=192.168.1.51 trsvcid=4420 host_traddr=192.168.1.8 live optimized
    +- nvme10 tcp traddr=192.168.2.56 trsvcid=4420 host_traddr=192.168.2.9 live optimized
    +- nvme15 tcp traddr=192.168.2.57 trsvcid=4420 host_traddr=192.168.2.9 live non-optimized
    +- nvme5 tcp traddr=192.168.1.52 trsvcid=4420 host_traddr=192.168.1.8 live non-optimized
  5. ネットアッププラグインに ONTAP ネームスペースデバイスごとに適切な値が表示されていることを確認します。例(A)、

    # nvme netapp ontapdevices -o column
    Device       Vserver        Namespace Path                            NSID
    ----------------------- ------------------------------ -------------------------
    /dev/nvme0n1  vs_fcnvme_141  /vol/fcnvme_141_vol_1_1_0/fcnvme_141_ns   1
    
    UUID                                   Size
    --------------------------------------------
    72b887b1-5fb6-47b8-be0b-33326e2542e2   85.90GB
    
    # nvme netapp ontapdevices -o json
    {
    "ONTAPdevices" : [
        {
            "Device" : "/dev/nvme0n1",
            "Vserver" : "vs_fcnvme_141",
            "Namespace_Path" : "/vol/fcnvme_141_vol_1_1_0/fcnvme_141_ns",
            "NSID" : 1,
            "UUID" : "72b887b1-5fb6-47b8-be0b-33326e2542e2",
            "Size" : "85.90GB",
            "LBA_Data_Size" : 4096,
            "Namespace_Size" : 20971520
        }
      ]
    }

    例(b):

    # nvme netapp ontapdevices -o column
    Device               Vserver                   Namespace Path
    --------------------- ------------------------- ------------------------------------
    /dev/nvme0n1         vs_tcp_118                /vol/tcpnvme_118_1_0_0/tcpnvme_118_ns
    
    NSID   UUID                               Size
    -------------------------------------------------
    1     4a3e89de-b239-45d8-be0c-b81f6418283c 85.90GB
    # nvme netapp ontapdevices -o json
    {
    "ONTAPdevices" : [
        {
         "Device" : "/dev/nvme0n1",
          "Vserver" : "vs_tcp_118",
          "Namespace_Path" : "/vol/tcpnvme_118_1_0_0/tcpnvme_118_ns",
          "NSID" : 1,
          "UUID" : "4a3e89de-b239-45d8-be0c-b81f6418283c",
          "Size" : "85.90GB",
          "LBA_Data_Size" : 4096,
          "Namespace_Size" : 20971520
        },
      ]
    
    }

トラブルシューティング

NVMe/FC障害のトラブルシューティングを開始する前に、必ずIMT の仕様に準拠した設定を実行していることを確認してください。ホスト側の問題をデバッグするには、次の手順に進みます。

lpfc詳細ログ

次に’drivers /scsi/lpfc/lpfc_logmsg.h’に示されている’NVMe/FCで使用可能なlpfcドライバ・ロギング・ビットマスクのリストを示します

#define LOG_NVME 0x00100000 /* NVME general events. */
#define LOG_NVME_DISC 0x00200000 /* NVME Discovery/Connect events. */
#define LOG_NVME_ABTS 0x00400000 /* NVME ABTS events. */
#define LOG_NVME_IOERR 0x00800000 /* NVME IO Error events. */

lpfc_log_sverbose`ドライバ設定(/etc/modprobe.d/lpfc.confのlpfc行に追加)を上記のいずれかの値に設定して’lpfc’ドライバの観点からNVMe/FCイベントをロギングできます次に’dracut -fコマンドを実行して’initiramfs’を再作成し’ホストを再起動します再起動後、上記の「LOG_NVME_DISC」ビットマスクの例を使用して、詳細ログが適用されていることを確認します。

# cat /etc/modprobe.d/lpfc.conf
options lpfc_enable_fc4_type=3 lpfc_log_verbose=0xf00083
# cat /sys/module/lpfc/parameters/lpfc_log_verbose
15728771

qla2xxx詳細ログ

「lpfc」にあるように、NVMe/FCに類似したqla2xxxログはありません。ここで一般的なqla2xxxログレベルを設定できますたとえば’ql2xextended_error_logging=0x1e400000`ですこれを行うには’対応するmodprobe qla2xxx confファイルにこの値を追加します次に’dracut-fを実行してinitramfsを再作成し’ホストを再起動しますリブート後、詳細ログが次のように適用されていることを確認します。

# cat /etc/modprobe.d/qla2xxx.conf
options qla2xxx ql2xnvmeenable=1 ql2xextended_error_logging=0x1e400000
# cat /sys/module/qla2xxx/parameters/ql2xextended_error_logging
507510784

一般的なnvme-CLIエラーとその回避策があります

エラーは 'nvme-cli' によって表示されます 原因と考えられます 回避策

/dev/nvme-Fabricsへの書き込みに失敗しました:引数が無効です’nvme discover 'NVMe connect 'またはNVMe connect-allの実行中にエラーが発生しました

このエラーメッセージは、構文が間違っている場合に表示されます。

上記の NVMe コマンドに正しい構文を使用していることを確認してください。

'/dev/nvme-Fabricsへの書き込みに失敗しました:NVMeの検出中に’このようなファイルやディレクトリ''nvme connect 'または’nvme connect -all 'はありません

複数の問題が原因でこのエラーが発生する可能性一般的なケースとしては、上記のNVMeコマンドに誤った引数を渡した場合などがあります。

上記のコマンドに適切な引数(適切なWWNN文字列、WWPN文字列など)を渡していることを確認してください。引数が正しいにもかかわらずこのエラーが表示される場合は、「/sys/class/scsi_host*/nvme_info」の出力が正しいことを確認し、NVMeイニシエータの「enabled」と表示され、NVMe/FCターゲットLIFがリモートポートのセクションに正しく表示されていることを確認します。例:

# cat /sys/class/scsi_host/host*/nvme_info
NVME Initiator Enabled
NVME LPORT lpfc0 WWPN x10000090fae0ec9d WWNN x20000090fae0ec9d DID x012000 ONLINE
NVME RPORT WWPN x200b00a098c80f09 WWNN x200a00a098c80f09 DID x010601 TARGET DISCSRVC ONLINE

NVME Statistics
LS: Xmt 0000000000000006 Cmpl 0000000000000006
FCP: Rd 0000000000000071 Wr 0000000000000005 IO 0000000000000031
Cmpl 00000000000000a6 Outstanding 0000000000000001

NVME Initiator Enabled
NVME LPORT lpfc1 WWPN x10000090fae0ec9e WWNN x20000090fae0ec9e DID x012400 ONLINE
NVME RPORT WWPN x200900a098c80f09 WWNN x200800a098c80f09 DID x010301 TARGET DISCSRVC ONLINE

NVME Statistics
LS: Xmt 0000000000000006 Cmpl 0000000000000006
FCP: Rd 0000000000000073 Wr 0000000000000005 IO 0000000000000031
Cmpl 00000000000000a8 Outstanding 0000000000000001

回避策 :「nvme_info」の出力に上記のようにターゲットLIFが表示されない場合は、「/var/log/messages」および「dmesg」の出力でNVMe/FCエラーがないかどうかを確認し、それに応じて報告または修正してください。

'NVMe discover(NVMe検出)'NVMe connect(NVMe接続)'または’NVMe connect-all(NVMe接続)の間にフェッチする検出ログ・エントリーはありません

このエラーメッセージは、一般に、「/etc/nvme/hostnqn'」文字列がネットアップアレイの対応するサブシステムに追加されていないか、誤った「hostnqn」文字列が各サブシステムに追加された場合に表示されます。

正確な「/etc/nvme/hostnqn」文字列がネットアップアレイの対応するサブシステムに追加されていることを確認します(「vserver nvme subsystem host show」で確認します)。

「/dev/nvme-Fabricsへの書き込みに失敗しました。オペレーションは「nvme discover」、「nvme connect」、または「nvme connect -all」の間にすでに進行中です

このエラーメッセージは、コントローラの関連付けまたは指定された処理がすでに作成されている場合や作成中の場合に表示されます。これは、上記にインストールされている自動接続スクリプトの一部として発生する可能性があります。

なし’nvme discover(NVMe検出)'の場合は、しばらくしてからこのコマンドを実行してください。また’nvme connectとconnect-allに対して’nvme listを実行して’名前空間デバイスがすでに作成され’ホストに表示されていることを確認します

テクニカルサポートへの連絡のタイミング

それでも問題が解決しない場合は、次のファイルとコマンドの出力を収集し、ファイルを送信してトリアージしてください。

cat /sys/class/scsi_host/host*/nvme_info
/var/log/messages
dmesg
nvme discover output as in:
nvme discover --transport=fc --traddr=nn-0x200a00a098c80f09:pn-0x200b00a098c80f09 --host-traddr=nn-0x20000090fae0ec9d:pn-0x10000090fae0ec9d
nvme list
nvme list-subsys /dev/nvmeXnY