日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Python スクリプトについて

寄稿者

サンプルの Python スクリプトを使用すると、いくつかの異なるタスクを実行できます。スクリプトをライブ Deploy インスタンスで使用する前に、それらのスクリプトについて理解しておく必要があります。

共通の設計特性

スクリプトは、次の一般的な特性で設計されています。

  • クライアントマシンでコマンドラインインターフェイスから実行する適切に設定された任意のクライアントマシンから Python スクリプトを実行できます。詳細については、を参照してください。

  • CLI 入力パラメータの受け入れ各スクリプトは、入力パラメータを使用して CLI で制御されます。

  • 読み取り入力ファイル各スクリプトは、その目的に基づいて入力ファイルを読み取ります。クラスタを作成または削除する場合は、 JSON 構成ファイルを指定する必要があります。ノードライセンスを追加する場合は、有効なライセンスファイルを指定する必要があります。

  • 共通サポートモジュールを使用共通サポートモジュール _deploy_requests_py_contains a single classインポートされ、各スクリプトで使用されます。

クラスタを作成

スクリプト cluster.py を使用して、 ONTAP Select クラスタを作成できます。JSON 入力ファイルの CLI パラメータと内容に基づいて、次のようにスクリプトを導入環境に変更できます。

注記 ONTAP Select 9.10.1以降では、新しいONTAP Select クラスタの導入時にKVMハイパーバイザーがサポートされなくなりました。以前にサポートされていたリリースでも KVM を使用できます。
  • ハイパーバイザーESXiまたはKVMに導入できます(Deployリリースによって異なります)。ESXi に導入する際、ハイパーバイザーは vCenter で管理することも、スタンドアロンホストにすることもできます。

  • クラスタサイズ:シングルノードクラスタまたはマルチノードクラスタを導入できます。

  • 評価用ライセンスまたは本番用ライセンス:本番環境用の評価用ライセンスまたは購入ライセンスを使用してクラスタを導入できます。

スクリプトの CLI 入力パラメータは次のとおりです。

  • Deploy サーバのホスト名または IP アドレス

  • admin ユーザアカウントのパスワード

  • JSON 構成ファイルの名前

  • メッセージ出力の詳細フラグ

ノードライセンスを追加する

本番環境クラスタの導入を選択した場合は、 script_add_license.py__ を使用して各ノードのライセンスを追加する必要があります。ライセンスはクラスタの導入前または導入後に追加できます。

スクリプトの CLI 入力パラメータは次のとおりです。

  • Deploy サーバのホスト名または IP アドレス

  • admin ユーザアカウントのパスワード

  • ライセンスファイルの名前

  • ライセンスを追加するための権限を持つ ONTAP ユーザ名

  • ONTAP ユーザのパスワード

クラスタを削除する

既存の ONTAP Select クラスタは、 script_delete_cluster.py _ を使用して削除できます。

スクリプトの CLI 入力パラメータは次のとおりです。

  • Deploy サーバのホスト名または IP アドレス

  • admin ユーザアカウントのパスワード

  • JSON 構成ファイルの名前