日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP Select 9.4 パフォーマンス: Premium HA 直接接続 SSD ストレージ

寄稿者

高品質の HA 直接接続 SSD ストレージを搭載した ONTAP Select 9.4 のパフォーマンス。

リファレンス・プラットフォーム

ONTAP Select 9.4 ( Premium )ハードウェア(ノードあたり):

  • Cisco UCS C240 M4S2 :

    • Intel Xeon CPU E5-2697 ( 2.60GHz

    • ソケット × 2 、各ソケットに CPU × 14

    • 論理 CPU × 56 ( HT 対応)

    • 256GB RAM

    • VMware ESXi 6.5 の場合

    • ホストあたりのドライブ数: X371A NetApp 960GB SSD × 24

クライアントハードウェア:

  • NFSv3 IBM 3550m4 クライアント × 4

設定情報:

  • クライアントと Select クラスタ間のデータパスに 1 、 500MTU

  • Storage Efficiency 機能(圧縮、重複排除、 Snapshot コピー、 SnapMirror など)は使用しない

次の表に、 ONTAP Select Premium ノードの HA ペアで、読み取り / 書き込みワークロードに対して測定されたスループットを示します。パフォーマンスの測定には、 SIO 負荷生成ツールが使用されました。

  • DAS ( SSD )上のシングルノード( 4 ノードの中規模インスタンスの一部)の ONTAP Select 9.4 クラスタでのパフォーマンス結果 *

説明 シーケンシャルリードの 64KiB シーケンシャルライト 64KiB ランダムリード 8KiB ランダムライト 8KiB ランダム WR / RD ( 50 / 50 ) 8KiB

ONTAP 9.4 DAS ( SSD )を使用した中規模インスタンスの選択

1045MBps 16 、 712 IOPS

4016 IOPS

492MBps 62 、 912 IOPS

141MBps 18 、 048 IOPS

218MBps 27 、 840 IOPS

64K のシーケンシャルリード

詳細:

  • SIO ダイレクト I/O が有効です

  • データ NIC × 2

  • データアグリゲート × 1 ( 2TB )

  • ボリューム × 64 、 SIO プロセス × 64 、スレッド × 64

  • ノードあたりのボリューム数 =32 (合計 64 )

  • ボリュームあたりの SIO プロセス数 × 1 、ファイルあたりの SIO スレッド数 × 1

  • ボリュームあたりのファイル数 × 1 、各ファイルのサイズは 12 、 000MB です

64K のシーケンシャルライト

詳細:

  • SIO ダイレクト I/O が有効です

  • データ NIC × 2

  • データアグリゲート × 1 ( 2TB ):

  • ボリューム × 64 、 SIO プロセス × 128 、スレッド × 128

  • ノードあたりのボリューム数 =32 (合計 64 )

  • ボリュームあたりの SIO プロセス数 × 2 、ファイルあたりの SIO スレッド数 × 1

  • ボリュームあたりのファイル数 × 2 、各ファイルのサイズは 30720MB です

8K ランダムリード

詳細:

  • SIO ダイレクト I/O が有効です

  • データ NIC × 2

  • データアグリゲート × 1 ( 2TB ):

  • ボリューム × 64 、 SIO プロセス × 64 、スレッド × 64

  • ノードあたりのボリューム数 =32 (合計 64 )

  • ボリュームあたりの SIO プロセス数 × 1 、ファイルあたりの SIO スレッド数 × 8

  • ボリュームあたりのファイル数 × 1 、各ファイルのサイズは 12228MB です

8K のランダムライト

詳細:

  • SIO ダイレクト I/O が有効です

  • データ NIC × 2

  • データアグリゲート × 1 ( 2TB )

  • ボリューム × 64 、 SIO プロセス × 64 、スレッド × 64

  • ノードあたりのボリューム数 =32 (合計 64 )

  • ボリュームあたりの SIO プロセス数 × 1 、ファイルあたりの SIO スレッド数 × 8

  • ボリュームあたりのファイル数 × 1 、各ファイルのサイズは 8192MB です

8K ランダム書き込み 50% 読み取り

詳細:

  • SIO ダイレクト I/O が有効です

  • データ NIC × 2

  • データアグリゲート × 1 ( 2TB )

  • ボリューム × 64 、 SIO プロセス × 64 、スレッド × 64

  • ノードあたりのボリューム数 =32 (合計 64 )

  • ボリュームあたりの SIO プロセス数 × 1 、ファイルあたりの SIO スレッド数 × 20

  • ボリュームあたりのファイル数 × 1 、各ファイルのサイズは 12228MB です