日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

トラブルシューティング

寄稿者

Deploy vCenter プラグインのサポートの一環として、使用可能なトラブルシューティング手法と一般的なエラーを理解しておく必要があります。

インストール、アンインストール、および更新のエラーです

インストール、アンインストール、または更新の手順 の実行中にエラーが発生した場合、手順 ( Web ユーザインターフェイスまたは CLI )の開始に使用される Deploy インターフェイスで表示されるエラーメッセージが API から返されます。

一般的なエラーには次のものがあります。

  • 無効なクレデンシャル(ユーザ名またはパスワード)

  • インストール対象として指定されたプラグインが無効であるか、存在しません

  • vCenter サーバがオフラインであるか到達不能です

追加情報 でエラーが発生した場合は、次のログを確認します。

  • 導入サーバーログ

  • vCenter Server のログです

vCenter のプラグインエラー

vCenter とのセッションでエラーが発生すると、エラーメッセージが表示されます。一般的なエラーには次のものがあります。

  • Deploy サーバの SSL 証明書がブラウザで受け入れられなかったため、 vCenter に組み込みコンテンツを Deploy サーバからロードできませんでした。

  • Deploy サーバが、 Deploy vCenter プラグインへのアクセスを試みる vCenter ユーザのセッション ID を承認できません。セッションがタイムアウトします。

  • Deploy vCenter プラグインにアクセスするための十分な権限がありません。

  • Deploy サーバがオフラインであるか到達不能である。

追加情報 のエラーについては、次のログを参照してください。

  • vCenter Server のログです

  • 導入サーバーログ