日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

診断とサポート

寄稿者

ONTAP Select の管理の一環として実行できる、関連する診断タスクとサポートタスクがいくつかあります。

Deploy システムを設定する

Deploy ユーティリティの動作に影響する基本的なシステム設定パラメータを設定する必要があります。

Deploy の設定データは AutoSupport で使用されます。

手順
  1. 管理者アカウントを使用して、 Deploy ユーティリティの Web ユーザインターフェイスにサインインします。

  2. ページ上部の * 管理 * タブをクリックします。

  3. [* Settings & AutoSupport * (設定とセットアップ) ] をクリックし、をクリックします 編集

  4. 環境に応じて構成データを指定し、 * 変更 * をクリックします。

    プロキシサーバーを使用する場合は、次のようにプロキシ URL を設定できます。 http://USERNAME:PASSWORD@<FQDN|IP>:PORT`

    例: http://user1:mypassword@proxy.company-demo.com:80`

ONTAP Select Deploy イベントメッセージを表示する

ONTAP Select Deploy ユーティリティには、システムのアクティビティに関する情報を提供するイベントロギングファシリティが含まれています。問題をデバッグする場合やサポートから指示があったときにイベントログの内容を表示する必要があります。

次に示すいくつかの特性に基づいて、イベントメッセージのリストをフィルタできます。

  • ステータス

  • を入力します

  • カテゴリ

  • インスタンス

  • 時間

  • 説明

手順
  1. 管理者アカウントを使用して、 Deploy ユーティリティの Web ユーザインターフェイスにサインインします。

  2. ページ上部の * 管理 * タブをクリックします。

  3. [* イベントとジョブ * ] をクリックし、 [* イベント * ] をクリックします。

  4. 必要に応じて、 * Filter * をクリックし、表示するイベント・メッセージを制限するフィルタを作成します。

AutoSupport を有効にします

AutoSupport 機能は必要に応じて有効または無効にすることができます。

AutoSupport は、ネットアップが ONTAP Select のサポートに使用する主要なトラブルシューティングツールです。したがって、どうしても必要な場合以外は AutoSupport を無効にしないでください。AutoSupport を無効にしてもデータは収集されますが、ネットアップには送信されません。

手順
  1. 管理者アカウントを使用して、 Deploy ユーティリティの Web ユーザインターフェイスにサインインします。

  2. ページ上部の * 管理 * タブをクリックします。

  3. [* Settings & AutoSupport * (設定とセットアップ) ] をクリックし、をクリックします オプション( Options )

  4. 必要に応じて、 AutoSupport 機能を有効または無効にします。

AutoSupport パッケージの生成とダウンロード

ONTAP Select には、 AutoSupport パッケージを生成する機能が用意されています。問題をデバッグする場合やサポートから指示があったときにパッケージを生成する必要があります。

ネットアップサポートの指示とガイダンスに従って、次の AutoSupport パッケージを生成できます。

  • ONTAP Select Deploy ユーティリティで作成されたログファイルの導入

  • トラブルシューティングハイパーバイザーホストと ONTAP Select ノードに関するトラブルシューティング情報とデバッグ情報

  • ハイパーバイザーホストと ONTAP Select ノードに関するパフォーマンスの情報です

手順
  1. 管理者アカウントを使用して、 Deploy ユーティリティの Web ユーザインターフェイスにサインインします。

  2. ページ上部の * 管理 * タブをクリックします。

  3. [* Settings & AutoSupport * (設定とセットアップ) ] をクリックし、をクリックします オプション( Options )

  4. [* 生成( Generate ) ] をクリックする。

  5. タイプを選択し、パッケージの概要 を指定します。必要に応じてケース番号を指定することもできます。

  6. [* 生成( Generate ) ] をクリックする。

    各 AutoSupport パッケージには、一意のシーケンス ID 番号が割り当てられます。

  7. 必要に応じて、 * AutoSupport History* で適切なパッケージを選択し、ダウンロードアイコンをクリックして AutoSupport ファイルをローカルワークステーションに保存します。