日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NVMe ドライブを使用するためのホストの設定

寄稿者

ソフトウェア RAID で NVMe ドライブを使用する場合は、ドライブを認識するようにホストを設定する必要があります。

NVMe デバイスで VMDirectPath I/O パススルーを使用することで、データ効率を最大化できます。この設定では、ドライブが ONTAP Select 仮想マシンに公開されるため、 ONTAP からデバイスに直接 PCI アクセスできます。

導入環境が次の最小要件を満たしていることを確認します。

  • ONTAP Select 9.7 以降および関連する Deploy 管理ユーティリティが必要です

  • Premium XL プラットフォームライセンス製品または 90 日間の評価ライセンス

  • VMware ESXi バージョン 6.7 以降

  • 仕様 1.0 以降に準拠する NVMe デバイス

に従ってください "ホスト準備チェックリスト"を参照してください "Deploy ユーティリティのインストールに必要な情報"および "ONTAP Select のインストールに必要な情報" 詳細については、トピックを参照してください。

この手順 は、新しい ONTAP Select クラスタを作成する前に実行するように設計されています。手順 を実行して、既存の SW-RAID NVMe クラスタに追加の NVMe ドライブを設定することもできます。この場合、追加の SSD ドライブと同様に、ドライブを設定したあとに、 Deploy を使用してドライブを追加する必要があります。主な違いは、 Deploy は NVMe ドライブを検出してノードをリブートする点です。既存のクラスタに NVMe ドライブを追加する場合、リブートプロセスについて次の点に注意してください。

  • Deploy は、リブートオーケストレーションを処理します。

  • HA のテイクオーバーとギブバックは順序どおりに実行されますが、アグリゲートの再同期には時間がかかることがあります。

  • シングルノードクラスタの場合、ダウンタイムが発生します。

を参照してください "ストレージ容量を増やしています" 追加情報 の場合。

手順
  1. ホスト上の *BIOS 設定 * メニューにアクセスして、 I/O 仮想化のサポートを有効にします。

  2. ダイレクト I/O 向けインテル( R ) VT ( VT-d ) * 設定を有効にします。

    ソケット構成

  3. 一部のサーバーでは、 * インテル ® ボリューム・マネジメント・デバイス(インテル VMD ) * をサポートしています。有効にすると、使用可能な NVMe デバイスが ESXi ハイパーバイザーに認識されなくなります。続行する前に、このオプションを無効にしてください。

    ソケット構成、 VMD

  4. 仮想マシンへのパススルー用に NVMe ドライブを設定します。

    1. vSphere で、ホスト * Configure * ビューを開き、 * Hardware : PCI devices * の下の * Edit * をクリックします。

    2. ONTAP Select に使用する NVMe ドライブを選択します。

      PCI デバイスの可用性を編集します

    注記 ONTAP Select VM システムディスクおよび仮想 NVRAM をホストするには、 NVMe デバイスにもバックアップされている VMFS データストアが必要です。PCI パススルー用に他のドライブを設定する場合は、この目的で少なくとも 1 本の NVMe ドライブを使用可能な状態にしておきます。
    1. [OK] をクリックします。選択されたデバイスは、 * Available (保留中) * と表示されます。

  5. [ ホストの再起動 *] をクリックします。

    このホストをリブートします

ホストの準備が完了したら、 ONTAP Select Deploy ユーティリティをインストールできます。Deploy ガイド新たに準備したホストに ONTAP Select ストレージクラスタを作成する手順が示されます。このプロセスでは、 Deploy はパススルー用に設定された NVMe ドライブを検出し、 ONTAP データディスクとして使用するドライブを自動的に選択します。必要に応じて、デフォルトの選択を調整できます。

注記 ONTAP Select ノードごとに最大 14 個の NVMe デバイスがサポートされます。

ONTAP Select Deploy クラスタ

クラスタの導入が完了したら、 ONTAP System Manager を使用して、ベストプラクティスに従ってストレージをプロビジョニングできます。ONTAP では、フラッシュ向けに最適化された Storage Efficiency 機能が自動的に有効になり、 NVMe ストレージを最大限に活用できます。

ローカルストレージを準備しています

ONTAP システムマネージャ