日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CLI を使用した ONTAP Select クラスタの導入

寄稿者

ONTAP Select Deploy 管理ユーティリティに付属のコマンドラインインターフェイスを使用して、シングルノードまたはマルチノードの ONTAP Select クラスタを作成できます。

作業を開始する前に

ESXi で ONTAP Select クラスタを作成する前に、必要な準備作業を理解しておく必要があります。

ONTAP Select ノードにストレージを接続するための準備をしています

ローカルのハードウェア RAID コントローラを使用する場合は、システムデータ用およびルートアグリゲートとデータアグリゲート用に各ノードに少なくとも 1 つのストレージプールを作成する必要があります。ONTAP Select ノードの設定の一環として、ストレージプールを接続する必要があります。

ソフトウェア RAID を使用する場合は、システムデータ用のストレージプールを作成し、 SSD ドライブがルートアグリゲートおよびデータアグリゲートに使用可能であることを確認する必要があります。ONTAP Select ノードの設定の一環として、ストレージプールとディスクを接続する必要があります。

使用可能な ONTAP Select バージョン

Deploy 管理ユーティリティには、単一バージョンの ONTAP Select が含まれています。以前のバージョンの ONTAP Select を使用してクラスタを導入する場合は、まず ONTAP Select イメージを Deploy インスタンスに追加する必要があります。を参照してください "ONTAP Select イメージを Deploy に追加しています" を参照してください。

本番環境向けに ONTAP Select のライセンスを付与する

本番環境に ONTAP Select クラスタを導入する前に、ストレージ容量ライセンスを購入し、関連するライセンスファイルをダウンロードする必要があります。各ノードでストレージのライセンスを取得するには、 _capacity Tier_model を使用するか、 _capacity pools_model を使用して共有プールのライセンスを設定します。

ライセンスファイルのアップロードと登録

ストレージ容量を含むライセンスファイルを取得したら、ライセンスを含むファイルを Deploy 仮想マシンにアップロードして登録する必要があります。

注記 クラスタを評価用に導入する場合は、この手順を省略できます。

admin ユーザアカウントのパスワードが必要です。

手順
  1. ローカルワークステーション上のコマンドシェルで、 sftp ユーティリティを使用して、ライセンスファイルを Deploy 仮想マシンにアップロードします。

    sftp admin@10.234.81.101 (provide password when prompted)
    put NLF-320000nnn.txt
    exit
  2. SSH を使用して、管理者アカウントで Deploy ユーティリティの CLI にサインインします。

  3. ライセンスを登録します。

    「 license add -file-name filename 」と入力します

    プロンプトが表示されたら、管理者アカウントのパスワードを入力します。

  4. システムのライセンスを表示して、ライセンスが正しく追加されたことを確認します。

    「 license show 」を参照してください

ESXi ハイパーバイザーホストの追加

ONTAP Select ノードを実行する各ハイパーバイザーホストを登録する必要があります。この一部として、 Deploy 管理ユーティリティは、ホストを管理する vCenter Server への認証、または ESXi スタンドアロンホストへの直接の認証を行います。

vCenter で管理されているホストを登録する前に、 vCenter Server 用の管理サーバアカウントを追加する必要があります。ホストが vCenter で管理されていない場合は、ホストを登録する際にホストのクレデンシャルを指定できます。この手順 を使用して各ホストを追加します。

手順
  1. 管理者アカウントで SSH を使用して、 Deploy ユーティリティの CLI にサインインします。

  2. ホストが vCenter サーバで管理されている場合は、 vCenter アカウントのクレデンシャルを追加します。

    credential add -hostname <fqdn|ip> -type vcenter -username vcenter _username `

    credential add -hostname vc.select.company-demo.com -type vcenter -username administrator@vsphere.local
  3. ホストを登録します。

    • vCenter で管理されていないスタンドアロンホストを登録します。ホスト登録名 <fqdn|ip> ハイパーバイザータイプ esx-username esx_userName'

    • vCenter が管理するホストを登録します。ホスト登録名 <fqdn|ip> ハイパーバイザータイプ esx-mgmt -server <fqdn|ip>`

    host register -name 10.234.81.14 -hypervisor-type ESX -mgmt-server vc.select.company-demo.com
  4. ホストの状態を表示し、認証済みであることを確認します。

    host show -name <fqdn|ip> -detailed ’

    host show -name 10.234.81.14 -detailed

ONTAP Select クラスタを作成および設定する

ONTAP Select クラスタを作成し、設定する必要があります。クラスタを設定したら、個々のノードを設定できます。

クラスタに含まれるノード数と、関連付けられている設定情報を決定する必要があります。

ONTAP Select クラスタを作成すると、 Deploy ユーティリティは、指定したクラスタ名とノード数に基づいてノード名を自動的に生成します。Deploy は一意のノード識別子も生成します。

手順
  1. 管理者アカウントで SSH を使用して、 Deploy ユーティリティの CLI にサインインします。

  2. クラスタを作成します。

    cluster create -name clustername -node-count nodes を指定します

    cluster create -name test-cluster -node-count 1
  3. クラスタを設定します。

    cluster modify -name clustername -mgmt ip ip_address -netmask netmask gateway ip_address -dns-servers <fqdn|ip>_list -dns-domains domain_list

    cluster modify -name test-cluster -mgmt-ip 10.234.81.20 -netmask 255.255.255.192
    -gateway 10.234.81.1 -dns-servers 10.221.220.10 -dnsdomains select.company-demo.com
  4. クラスタの設定と状態を表示します。

    cluster show -name clustername -detailed

ONTAP Select ノードを設定する

ONTAP Select クラスタ内の各ノードを設定する必要があります。

ノードの設定情報が必要です。大容量階層ライセンスファイルをアップロードして、 Deploy ユーティリティでインストールする必要があります。

この手順 を使用して各ノードを設定する必要があります。この例では、大容量階層ライセンスがノードに適用されています。

手順
  1. 管理者アカウントで SSH を使用して、 Deploy ユーティリティの CLI にサインインします。

  2. クラスタノードに割り当てられた名前を特定します。

    'node show -cluster-name clustername

  3. ノードを選択し、基本設定を実行します。「 node modify -name nodename -cluster-name clustername -host-name <fqdn|ip> -license-serial -number -instance -type type -passthrough-disks false 」

    node modify -name test-cluster-01 -cluster-name test-cluster -host-name 10.234.81.14
    -license-serial-number 320000nnnn -instance-type small -passthrough-disks false

    ノードの RAID 設定は、 _passthrough-pdisks_parameter で示されます。ローカルハードウェア RAID コントローラを使用している場合は、この値を false に設定する必要があります。ソフトウェア RAID を使用している場合は、この値が true である必要があります。

    ONTAP Select ノードには大容量階層ライセンスが使用されます。

  4. ホストで使用可能なネットワーク設定を表示します。

    host network show -host-name <fqdn|ip> -detailed ’

    host network show -host-name 10.234.81.14 -detailed
  5. ノードのネットワーク設定を実行します。

    node modify -name nodename -cluster-name clustername -mgmt -ip ip-management-networks network_name network_name network_name network_name -internal-network network_name

    シングルノードクラスタを導入する場合は、内部ネットワークは必要なく、 -internal-network を削除する必要があります。

    node modify -name test-cluster-01 -cluster-name test-cluster -mgmt-ip 10.234.81.21
    -management-networks sDOT_Network -data-networks sDOT_Network
  6. ノードの設定を表示します。

    node show -name nodename -cluster-name clustername -detailed ’と入力します

    node show -name test-cluster-01 -cluster-name test-cluster -detailed

ONTAP Select ノードにストレージを接続しています

ONTAP Select クラスタ内の各ノードで使用するストレージを設定する必要があります。すべてのノードには、必ず少なくとも1つのストレージプールを割り当てる必要があります。ソフトウェアRAIDを使用する場合は、各ノードに少なくとも1本のディスクドライブを割り当てる必要があります。

ストレージプールはVMware vSphereを使用して作成する必要があります。ソフトウェアRAIDを使用する場合は、使用可能なディスクドライブが少なくとも1本必要です。

ローカルハードウェアRAIDコントローラを使用する場合は、手順14を実行する必要があります。ソフトウェアRAIDを使用する場合は、手順16を実行する必要があります。

手順
  1. 管理者アカウントのクレデンシャルを使用して、SSHを使用してDeployユーティリティのCLIにサインインします。

  2. ホストで使用可能なストレージプールを表示します。

    host storage pool show -host-name <fqdn|ip>`

    host storage pool show -host-name 10.234.81.14

    VMware vSphere から使用可能なストレージプールを取得することもできます。

  3. 使用可能なストレージプールを ONTAP Select ノードに接続します。

    'node storage pool attach -name poolname -cluster-name clustername -node-name -capacity-capacity-capacity-limit

    capacity-limit パラメータを指定した場合は、 GB または TB の値を指定します。

    node storage pool attach -name sDOT-02 -cluster-name test-cluster -
    node-name test-cluster-01 -capacity-limit 500GB
  4. ノードに接続されているストレージプールを表示します。

    node storage pool show -cluster-name clustername -node-name の形式です

    node storage pool show -cluster-name test-cluster -node-name testcluster-01
  5. ソフトウェアRAIDを使用している場合は、使用可能なドライブを接続します。

    「node storage disk attach -node-name -cluster-name clustername -disk list_of drives」のように指定します

    node storage disk attach -node-name NVME_SN-01 -cluster-name NVME_SN -disks 0000:66:00.0 0000:67:00.0 0000:68:00.0
  6. ソフトウェアRAIDを使用している場合は、ノードに接続されているディスクを表示します。

    node storage disk show -node-name nodename -cluster-name clustername

    node storage disk show -node-name sdot-smicro-009a -cluster-name NVME

ONTAP Select クラスタの導入

クラスタとノードを設定したら、クラスタを導入できます。

マルチノードクラスタを導入する前に、ネットワーク接続チェッカーを実行して、内部ネットワーク上のクラスタノード間の接続を確認する必要があります。

手順
  1. 管理者アカウントで SSH を使用して、 Deploy ユーティリティの CLI にサインインします。

  2. ONTAP Select クラスタを導入します。

    「 cluster deploy -name clustername 」と入力します

    cluster deploy -name test-cluster

    プロンプトが表示されたら、 ONTAP 管理者アカウントに使用するパスワードを指定します。

  3. クラスタのステータスを表示して、導入が正常に完了したことを確認します。

    cluster show -name clustername

ONTAP Select Deploy の設定データをバックアップする必要があります。