日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP Select クラスタの導入

寄稿者

ONTAP Select Deploy 管理ユーティリティに付属の Web ユーザインターフェイスを使用して、シングルノードまたはマルチノードの ONTAP Select クラスタを導入できます。

Deploy ユーティリティの Web インターフェイスを使用して ONTAP Select クラスタを作成する場合は、特定の手順が表示されます。具体的なプロセスは、シングルノードクラスタとマルチノードクラスタのどちらを導入するかによって異なります。

ヒント Deploy ユーティリティの CLI を使用して ONTAP Select クラスタを導入することもできます。

作業を開始する前に

導入を準備し、正常に実行されることを確認する必要があります。

初期計画

ドキュメントの _Plan_and _License_Sections を確認します。この情報に基づいて、クラスタに関する次の事項を決定できます。

  • ハイパーバイザー

  • ノードの数

  • ライセンスタイプ

  • プラットフォームサイズ(インスタンスタイプ)

  • ONTAP Select のバージョン

ホストの準備

ONTAP Select ノードを実行するハイパーバイザーホストを準備し、ライセンスモデルに基づいて必要なストレージライセンスファイルを用意する必要があります。準備要件を表示するには:

  1. Deploy の Web ユーザインターフェイスにサインインします。

  2. をクリックします 疑問符 をクリックします。

  3. [ 前提条件 ] をクリックします。

  4. 下にスクロールして要件を確認し、 * OK * をクリックします。

ライセンスファイル

クラスタを本番環境に導入する場合は、ライセンスモデルに基づいてストレージライセンスファイルを取得する必要があります。

インストールとアカウントのクレデンシャルを導入

Deploy 管理ユーティリティをインストールして初期設定を実行する必要があります。を参照してください "ONTAP Select Deploy をインストールしています" を参照してください。インストールプロセスで設定した Deploy 管理者アカウントのパスワードが必要です。

以前の ONTAP Select ノードイメージをインストールしています

デフォルトでは、 Deploy 管理ユーティリティには、リリース時点の ONTAP Select の最新バージョンが含まれています。以前のバージョンの ONTAP Select を使用してクラスタを導入する場合は、 ONTAP Select イメージを Deploy インスタンスに追加する必要があります。を参照してください "ONTAP Select イメージを Deploy に追加しています" を参照してください。

起動ページを開始しています

最初のページ * 「 ONTAP Select Deploy の使用」では、クラスタを作成する複数の手順が紹介されています。次の 5 つの主要な手順があります。

  • ライセンスを追加します

  • ホストをインベントリに追加します

  • クラスタを作成します

  • ネットワークの事前確認

  • クラスタを導入

注記 ページ上部のタブ(クラスタ、ハイパーバイザーホスト、管理)をクリックすると、同じ手順を別々に実行できます。
ネットワークチェッカー

マルチノードクラスタを導入する場合は、ネットワークチェッカーに関する詳しい知識が必要です。

クラスタを導入したあと

ONTAP Select Deploy の設定データをバックアップする必要があります。

シングルノードクラスタを作成しています

ONTAP Select Deploy の Web ユーザインターフェイスを使用して、シングルノードの ONTAP Select クラスタを導入できます。

を参照してください "作業を開始する前に" クラスタを導入するための準備。Deploy の管理をインストールして初期設定(パスワード、 AutoSupport 、 vCenter )する必要があります。

本番環境用に 1 つのノードで構成される ONTAP Select クラスタが作成されます。

手順
  1. 管理者アカウント( admin )を使用して、 Web インターフェイス経由で Deploy ユーティリティにサインインします。

  2. 「 ONTAP Select へようこそ」ポップアップウィンドウが表示された場合は、設定の前提条件を満たしていることを確認し、「 * OK * 」をクリックします。

  3. [Getting Started * cluster launch ( * はじめに * クラスタの起動) ] ページが表示されない場合は、をクリックします 疑問符 ページの上部で、 [ はじめに ] をクリックします。

  4. [* はじめに( Getting Started * ) ] ページで、 [* アップロード( * Upload ) ] をクリックしてローカルワークステーションからライセンスを選択し、 [ 開く( * Open ) ] をクリックしてライセンスをアップロードします。

  5. [*Refresh] をクリックし、ライセンスが追加されたことを確認します。

  6. [ 次へ * ] をクリックしてハイパーバイザー・ホストを追加し、 [ * 追加 ] をクリックします。

    vCenter サーバに接続して ESXi ホストを追加するか、または直接 ESXi ホストを追加できます。必要に応じて、ホストの詳細とクレデンシャルを入力します。

  7. [Refresh] をクリックし、ホストの [*Type] の値が [ESX] であることを確認します。

    指定したアカウントクレデンシャルは、 Deploy のクレデンシャルデータベースに追加されます。

  8. [Next] をクリックして、クラスタ作成プロセスを開始します。

  9. 「 * クラスタの詳細 * 」セクションで、クラスタについて説明する必要なすべての情報を指定し、「 * 完了 * 」をクリックします。

  10. ノードのセットアップ * で、ノード管理 IP アドレスを指定してノードのライセンスを選択します。必要に応じて新しいライセンスをアップロードできます。ノード名は必要に応じて変更することもできます。

  11. ハイパーバイザー * と * ネットワーク * の構成を提供します。

    仮想マシンのサイズと使用可能な機能セットを定義する 3 つのノード構成があります。これらのインスタンスタイプは、 Standard 、 Premium 、および Premium XL の購入ライセンスでそれぞれサポートされています。ノードに対して選択するライセンスは、インスタンスタイプと一致するか、それよりも大きくする必要があります。

    ハイパーバイザーホストおよび管理ネットワークとデータネットワークを選択します。

  12. * ストレージ * の構成を入力し、 * 完了 * をクリックします。

    プラットフォームライセンスレベルとホスト構成に基づいてドライブを選択できます。

  13. クラスタの設定を確認します。

    をクリックすると、設定を変更できます 編集 をクリックします。

  14. [ 次へ ] をクリックし、 ONTAP 管理者パスワードを入力します。

  15. クラスタ作成 * をクリックしてクラスタ作成プロセスを開始し、ポップアップ・ウィンドウで * OK * をクリックします。

    クラスタが作成されるまで、 30 分程度かかる場合があります。

  16. クラスタ作成の複数ステップからなるプロセスを監視し、クラスタが正常に作成されたことを確認する。

    ページは一定の間隔で自動的に更新されます。

    ヒント クラスタの作成処理が開始され、完了できなかった場合は、定義済みの ONTAP 管理パスワードが登録されないことがあります。この場合、 admin アカウントの password_changeme123_ を使用して、 ONTAP Select クラスタの管理インターフェイスにアクセスできます。

ONTAP Select AutoSupport 機能が設定されていることを確認し、 ONTAP Select Deploy の設定データをバックアップする必要があります。