日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

新しいノードの LUN パスを更新します

寄稿者 NetAppZacharyWambold

クラスタが SAN 用に構成されている場合は、新しく追加したノードに SAN LIF を作成し、パスを更新する必要があります。

この手順は、クラスタに LUN が含まれている場合にのみ必要です。クラスタにファイルしか含まれていない場合は、この手順を省略できます。

手順
  1. クラスタ内の Storage Virtual Machine ( SVM )ごとに、新しく追加したノードに新しい LIF を作成します。

    1. vserver show コマンドで「 -fields allowed-protocols 」パラメータを指定して、 FC プロトコルまたは iSCSI プロトコルを使用する SVM を出力から特定します。

      cluster1::> vserver show -fields allowed-protocols
      vserver allowed-protocols
      ------- -----------------
      vs1     cifs,ndmp
      vs2     fcp
      vs3     iscsi
      ...
    2. FC または iSCSI を使用する SVM ごとに、「 network interface create 」コマンドに「 -role data 」パラメータを指定して実行し、新しく追加した各ノードに少なくとも 2 つのデータ LIF を作成します。

      cluster1::> network interface create -vserver vs1 -lif lif5 -role data
      -data-protocol iscsi -home-node cluster1-3 -home-port e0b
      -address 192.168.2.72 -netmask 255.255.255.0
    3. 各 SVM について、「 network interface show 」コマンドに「 -vserver 」パラメータを指定して実行し、クラスタ内のすべてのノードに LIF があることを確認します。

  2. ポートセットを更新します。

    1. lun portset show コマンドを使用して、ポートセットが存在するかどうかを確認します。

    2. 既存のホストから新しい LIF を認識できるようにするには、各 LIF に対して「 lun portset add 」コマンドを使用して、新しい LIF をそれぞれポートセットに追加します。

  3. FC または FCoE を使用する場合は、ゾーニングを更新します。

    1. ゾーニングが正しく設定され、ホスト上の既存のイニシエータポートが新しいノード上の新しいターゲットポートに接続できることを確認します。

    2. スイッチゾーニングを更新して、新しいノードを既存のイニシエータに接続します。

      ゾーニングの設定方法は、使用するスイッチによって異なります。

    3. LUN を新しいノードに移動する場合は、「 lun mapping add-reporting-nodes 」コマンドを使用して、新しいパスをホストに公開します。

  4. すべてのホストオペレーティングシステムで、再スキャンを実行して新しく追加したパスを検出します。

  5. ホストのオペレーティングシステムによっては、古いパスを削除します。

  6. MPIO 構成のパスを追加または削除します。

    • 関連情報 *