日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ホストが LUN に対して読み取りと書き込みを実行できることを確認します

LUN を使用する前に、ホストが LUN のデータを読み取りおよび書き込みできることを確認する必要があります。

LUN が初期化され、ファイルシステムでフォーマットされている必要があります。

LUN の作成先のストレージクラスタノードがパートナーノードにフェイルオーバーできるように設定されている場合、ノードのフェイルオーバー時にデータを読み取れることを確認する必要があります。このテストは本番環境のストレージクラスタでは実行できない場合があります。

テストに失敗した場合は、 FC サービスが実行されていることを確認し、 LUN への FC パスをチェックしてください。

手順
  1. ホストから LUN にファイルをコピーします。

  2. ファイルを元のディスク上の別のフォルダにコピーします。

  3. コピーしたファイルを元のファイルと比較します。

    Windows コマンドプロンプトで「 comp 」コマンドを使用して、 2 つのファイルを比較できます。

  4. LUN を含むストレージクラスタノードをフェイルオーバーし、 LUN のファイルに引き続きアクセスできるかどうかを確認します。

  5. ネイティブ DSM を使用して LUN へのパスを表示し、パスの数が適切であることを確認します。

    LUN の作成先のストレージクラスタノードへのパスとパートナーノードへのパスが 2 つずつ確立されている必要があります。