日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

iSCSI 構成ワークシートへの記入

寄稿者 NetAppZacharyWambold

iSCSI の設定タスクを実行するには、ネットワークアドレスおよびストレージ構成情報が必要です。

ターゲットのネットワークアドレス

iSCSI ターゲットは Storage Virtual Machine ( SVM )です。

クラスタ内の各ノードの iSCSI データ LIF 用に、 2 つの IP アドレスを含むサブネットが必要です。高可用性を実現するには、 2 つのネットワークが必要です。SVM の作成時に LIF を作成すると、 ONTAP によって固有の IP アドレスが割り当てられます。

iSCSI トラフィックは、可能であれば別々の物理ネットワークまたは VLAN に分離します。

この図は 4 つのノードを示しています

LIF のサブネット:

ノードまたは LIF :ポートの接続先スイッチ IP アドレス ネットワークマスク ゲートウェイ VLAN ID ホームポート

ノード 1 / LIF :スイッチ 1 に接続

ノード 2 / LIF :スイッチ 1 に接続

ノード 3 / LIF :スイッチ 1 に接続

ノード 4 / LIF :スイッチ 1 に接続

ノード 1 / LIF :スイッチ 2 に接続

ノード 2 / LIF :スイッチ 2 に接続

ノード 3 / LIF :スイッチ 2 に接続

ノード 4 / LIF :スイッチ 2 に接続

ストレージ構成

アグリゲートと SVM がすでに作成されている場合は、名前をここに記録します。作成されていない場合は必要に応じて作成できます。

LUN の所属先ノードを指定します

アグリゲート名

SVM 名

LUN 情報

LUN サイズ

LUN 名(オプション)

LUN 概要(オプション)

SVM 情報

既存の SVM を使用しない場合、新規に作成するために次の情報が必要です。

SVM 名

SVM IPspace

SVM ルートボリューム用のアグリゲート

SVM のユーザ名(オプション)

SVM のパスワード(オプション)

SVM の管理 LIF (オプション)

サブネット

IP アドレス

ネットワークマスク

ゲートウェイ

ホームノード

ホームポート