日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ホストからストレージクラスタへの iSCSI パスをテストします

寄稿者 NetAppZacharyWambold netapp-ahibbard

ストレージフェイルオーバーやデータ移動が適切に行われるようにするには、ホストからストレージクラスタ内のすべてのノードへのパスが 2 つあることを確認する必要があります。iSCSI ターゲットからアドバタイズされるパスの数は限られているため、ホストからストレージクラスタポートに ping を送信する必要があります。

iSCSI パスに使用するすべての論理インターフェイス( LIF )の IP アドレスまたはホスト名を確認しておく必要があります。

ホストから LUN へのパスの数を制限するために、 LUN は igroup の一部のイニシエータにマッピングされます。

  • デフォルトでは、ホストが認識できるのは、ホストから LUN が作成された Storage Virtual Machine ( SVM )を含むノードへのパスと、そのノードの HA パートナーへのパスだけです。

  • ホストからクラスタ内のすべてのノードへのパスを作成してテストする必要がありますが、ホストからアクセスできるのは所有者ノードとその HA パートナーのパスだけです。

  • LUN にはデフォルトのマッピングを適用してください。

    他の HA ペアのノードを LUN マップに追加するのは、 LUN を別のノードに移動する準備をする場合に限ります。

手順
  1. ESXi ホストから「 ping 」コマンドを使用して、最初の LIF へのパスを確認します。

    ping コマンドは、 ESXi サービスコンソールから使用できます。

  2. ping コマンドを繰り返し、クラスタ内の各ノードの各 iSCSI LIF への接続を確認します。

    • 関連情報 *