日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ホストが LUN に対して読み取りと書き込みを実行できることを確認します

LUN を使用する前に、ホストが LUN のデータを読み取りおよび書き込みできることを確認する必要があります。

LUN の作成先のクラスタノードがパートナーノードにフェイルオーバーできるように設定されている場合、ノードのフェイルオーバー時にデータを読み取れることを確認する必要があります。このテストは本番環境のクラスタでは実行できない場合があります。

手順
  1. vSphere Web Client * Home * ページで、 * Hosts and Clusters * をクリックします。

  2. ナビゲーションペインで、 * ストレージ * タブをクリックします。

  3. データセンターを展開し、新しいデータストアを選択します。

  4. 中央のウィンドウ枠で、 * Manage * > * Files * をクリックします。

    データストアの内容が表示されます。

  5. データストアに新しいフォルダを作成し、そのフォルダにファイルをアップロードします。

    クライアント統合プラグインのインストールが必要になる場合があります。

  6. 書き込んだファイルにアクセスできることを確認します。

  7. LUN を含むクラスタノードをフェイルオーバーし、ファイルに対して引き続き書き込みおよび読み取り可能かどうかを確認します。

    テストに失敗した場合は、ストレージクラスタで iSCSI サービスが実行されていることを確認し、 LUN への iSCSI パスをチェックしてください。

  8. クラスタノードをフェイルオーバーした場合は、ノードをギブバックし、すべての LIF をホームポートに戻します。

  9. ESXi クラスタの場合は、クラスタの各 ESXi ホストのデータストアを表示し、アップロードしたファイルが表示されることを確認します。

    • 関連情報 *