日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

マルチパスデバイスで論理ボリュームを設定し、ファイルシステムを作成

Linux ホストから新しい SCSI デバイス( LUN )に最初にアクセスした時点では、パーティションやファイルシステムはありません。パーティショニングされたマルチパスデバイスを使用する場合は、最初に基盤となる SCSI デバイスをパーティショニングする必要があります。また、マルチパスデバイスに論理ボリュームを作成したり、必要に応じてファイルシステムを作成したりすることもできます。

SCSI デバイスと対応するマルチパスデバイスが Linux ホストで検出されている必要があります。

最小限の設定として、 SCSI デバイスで DM-Multipath が設定されている必要があります。DM-Multipath 以外の設定は任意です。以下の手順は、パーティショニング、マルチパスデバイスでの論理ボリュームの設定、ファイルシステムの作成など、追加の設定を行う場合の一般的なガイドラインです。Linux コマンドの詳細については、 Red Hat Enterprise Linux のドキュメントとマニュアルページを参照してください。

手順
  1. パーティション分割されたマルチパス・デバイスを使用するには ' まず fdisk ユーティリティまたは parted ユーティリティを使用して ' 基盤となる SCSI デバイスをパーティション分割します

  2. 「 kpartx 」ユーティリティを使用して、対応するマルチパスパーティションを作成します。

  3. 論理ボリュームマネージャ( LVM )のコマンドを使用して、対応するマルチパスデバイスに論理ボリュームを作成します。

  4. 「 m kfs 」ユーティリティを使用して、論理ボリュームまたはマルチパスデバイス上に ext4 や XFS などのファイルシステムを作成します。