日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

VSC を使用した ESXi 向けの NFS の設定の概要

ONTAP System Manager の従来のインターフェイス( ONTAP 9.7 以前)を使用すると、 ESXi ホストから ONTAP ボリュームを使用するデータストアへの NFS アクセスを簡単に設定できます。

次の場合にこの手順を使用します。

  • サポートされているバージョンの Virtual Storage Console for VMware vSphere ( VSC )を使用してデータストアをプロビジョニングし、ボリュームを作成している。

  • データネットワークでデフォルトの IPspace 、デフォルトのブロードキャストドメイン、およびデフォルトのフェイルオーバーグループを使用する。

    データネットワークがフラット構成であれば、これらのデフォルトのオブジェクトによって、リンク障害の発生時に LIF が正しくフェイルオーバーされます。デフォルトのオブジェクトを使用しない場合は、を参照してください "Network Management の略" LIF パスのフェイルオーバーを設定する方法については、を参照してください。

  • Plug-in for VMware VAAI を使用する必要がある。

    • VMware vStorage APIs for Array Integration ( VAAI )を使用すると、コピーオフロードとスペースリザベーションを実行できます。Plug-in for VMware VAAI では、 ESXi ホストを経由する必要がないため、ホストのパフォーマンスが向上するためにこの機能を使用します。これにより、 ONTAP でスペース効率と時間効率に優れたクローニングを利用できます。

    • VMware VAAI をデータストアのプロビジョニングに使用するのがベストプラクティスです。

    • NFS Plug-in for VMware VAAI は、から入手できます "ネットアップサポート" サイト

  • VMware VAAI を使用する場合、 NFS アクセスは NFSv3 および NFSv4 経由になります。

詳細については、を参照してください "TR-4597 :『 VMware vSphere for ONTAP 』" および VSC リリースのドキュメントを参照してください。