日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前で FC / FCoE プロトコルを設定します

ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)を使用して、 FC / FCoE プロトコルを設定できます。

FC サービスまたは FCoE サービスを開始または停止する

FC サービスを使用すると、 LUN で使用する FC ターゲットアダプタを管理できます。System Manager を使用して FC サービスを開始して、アダプタをオンラインにし、ストレージシステム上の LUN にアクセスできるようにすることができます。FC サービスを停止すると FC アダプタはオフラインになり、 LUN にアクセスできなくなります。

作業を開始する前に
  • FC ライセンスがインストールされている必要があります。

  • ターゲットストレージシステムに FC アダプタが存在する必要があります。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [* Protocols] ペインで、 [FC/FCoE] をクリックします。

  4. 必要に応じて、 [ スタート * ] または [ * 停止 * ] をクリックします。

FC または FCoE のノード名を変更します

ストレージシステムシャーシを交換し、同じファイバチャネル SAN で再利用した場合、状況によっては、交換したストレージシステムのノード名が重複することがあります。ストレージシステムのノード名は System Manager を使用して変更できます。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [* Protocols] ペインで、 [FC/FCoE] をクリックします。

  4. [ 編集( Edit ) ] をクリックします。

  5. 新しい名前を入力し、「 * OK * 」をクリックします。

FCoE プロトコル

Fibre Channel over Ethernet ( FCoE )は、ストレージシステムにホストを接続するための新しいモデルです。従来の FC プロトコルと同様、 FCoE は既存の FC 管理と制御を維持しますが、ハードウェアトランスポートとして 10 ギガビットイーサネットネットワークを使用します。

FCoE 接続を設定するには、サポートされる Converged Network Adapter ( CNA ;統合ネットワークアダプタ)がホストに 1 つ以上あり、サポートされる Data Center Bridging ( DCB )イーサネットスイッチに接続されている必要があります。CNA は統合ポイントであり、 HBA とイーサネットアダプタの両方として機能します。

一般に、従来の FC 接続を使用する場合と同じ方法で、 FCoE 接続を設定して使用できます。

FC/FCoE ウィンドウ

FC サービスは、 FC / FCoE ウィンドウを使用して開始または停止できます。

コマンドボタン

  • * 編集 * 。

    ノード名の編集ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、 FC または FCoE のノード名を変更できます。

  • * 開始 *

    FC / FCoE サービスを開始します。

  • * 停止 *

    FC / FCoE サービスを停止します。

  • * 更新 *

    ウィンドウ内の情報を更新します。

FC/FCoE の詳細

詳細領域には、 FC / FCoE サービスのステータス、ノード名、および FC / FCoE アダプタに関する情報が表示されます。

  • 関連情報 *