日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SMB / CIFS の設定ワークフロー

SMB / CIFS を設定するには、必要に応じてアグリゲートを作成してから、目的に応じたワークフローに従います。 CIFS 対応 SVM を新規に作成するか、既存の SVM への CIFS アクセスを設定するか、すでに CIFS アクセスの設定が完了している既存の SVM に CIFS ボリュームを追加するかによってワークフローが異なります。

ONTAP での CIFS のセットアップ手順の概要を示します。