日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SMB / CIFS の設定の概要

ONTAP System Manager の従来のインターフェイス( ONTAP 9.7 以前)を使用すると、新規または既存の Storage Virtual Machine ( SVM )の新しいボリュームに対する SMB / CIFS アクセスを簡単に設定できます。

この手順は、ボリュームへのアクセスを設定する場合に使用します。

  • すべての選択肢について検討するのではなく、ベストプラクティスに従う。

  • データネットワークでデフォルトの IPspace 、デフォルトのブロードキャストドメイン、およびデフォルトのフェイルオーバーグループを使用する。

    データネットワークがフラット構成であれば、これらのデフォルトのオブジェクトを使用することで、リンク障害の発生時に LIF が確実に正しくフェイルオーバーされます。デフォルトのオブジェクトを使用しない場合は、を参照してください "ネットワーク管理マニュアル" LIF パスのフェイルオーバーを設定する方法については、を参照してください。

  • 新しいボリュームを NTFS ファイル権限を使用して保護する。

ONTAP の SMB プロトコル機能の範囲の詳細については、を参照してください "SMB リファレンスの概要"

ONTAP でこれを行うその他の方法

実行するタスク

参照先

再設計された System Manager ( ONTAP 9.7 以降で使用可能)

"SMB を使用して Windows サーバ用の NAS ストレージをプロビジョニングする"

ONTAP のコマンドラインインターフェイス

"CLI を使用した SMB の設定の概要"