日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データアクセス用のデスティネーション SVM をセットアップ

デスティネーションボリュームが格納された SVM で必要な設定を行うことで、デスティネーションボリュームをアクティブ化する際のデータアクセスの中断を最小限に抑えることができます。 NAS 環境については LIF 、 CIFS 共有、エクスポートポリシーなど、 SAN 環境については LIF やイニシエータグループなどを設定する必要があります。

このタスクは、デスティネーションボリュームが格納された SVM の * デスティネーション * クラスタで実行する必要があります。

手順

  • NAS 環境:

    1. NAS LIF を作成

    2. ソースと同じ共有名を使用して CIFS 共有を作成します。

    3. 適切な NFS エクスポートポリシーを作成します。

    4. 適切なクォータルールを作成します。

  • SAN 環境の場合:

    1. SAN LIF を作成

    2. ポートセットを設定します。

    3. イニシエータグループを設定する。

    4. FC を使用する場合、 SAN クライアントから LIF にアクセスできるように FC スイッチをゾーニングします。

次に何をするか

ソースボリュームが格納された SVM に変更を加えた場合は、デスティネーションボリュームが格納された SVM にそれらの変更を手動でレプリケートする必要があります。

  • 関連情報 *