日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

リファレンス構成ファイル( RCF )のインストール

RCF は、 BES-53248 クラスタスイッチを初めてセットアップしたあとと、新しいライセンスを適用したあとにインストールできます。古いバージョンから RCF をアップグレードする場合は、 Broadcom スイッチの設定をリセットし、基本的な設定を行って RCF を再適用する必要があります。この処理は、 RCF をアップグレードまたは変更するたびに実行する必要があります。以下を参照してください "こちらの技術情報アーティクル" を参照してください。

手順
  1. クラスタスイッチを管理ネットワークに接続します。

  2. 「 ping 」コマンドを使用して、 EFOS 、ライセンス、 RCF をホストするサーバへの接続を確認します。

    接続が問題の場合は、ルーティングされていないネットワークを使用し、 IP アドレス 192.168.x または 172.19.x を使用してサービスポートを設定しますサービスポートは、あとで本番用の管理 IP アドレスに再設定できます。

    次の例では、スイッチが IP アドレス 172.19.2.1 のサーバに接続されていることを確認します。

    (cs2) # ping 172.19.2.1
    Pinging 172.19.2.1 with 0 bytes of data:
    
    Reply From 172.19.2.1: icmp_seq = 0. time= 5910 usec.
  3. 「 copy 」コマンドを使用して、 BES-53248 クラスタスイッチに RCF をインストールします。

    (cs2) # copy http://172.19.2.1/tmp/BES-53248_RCF_v1.6-Cluster-HA.txt nvram:script BES-53248_RCF_v1.6-Cluster-HA.scr
    
    Remote Password ********
    
    Mode........................................... HTTP
    Set Server IP.................................. 172.19.2.1
    Path........................................... //tmp/
    Filename....................................... BES-53248_RCF_v1.6-Cluster-HA.txt
    Data Type...................................... Config Script
    Destination Filename........................... BES-53248_RCF_v1.6-Cluster-HA.scr
    
    File with same name already exists.
    WARNING:Continuing with this command will overwrite the existing file.
    
    Management access will be blocked for the duration of the transfer
    Are you sure you want to start? (y/n) y
    
    File transfer in progress. Management access will be blocked for the duration of the transfer. Please wait...
    
    Validating configuration script...
    [the script is now displayed line by line]
    
    Configuration script validated.
    File transfer operation completed successfully.
    注記 環境によっては 'copy' コマンドでダブル・スラッシュを使用する必要がある場合がありますたとえば '+copy のようになります http://172.19.2.1//tmp/BES-53248_RCF_v1.6-Cluster-HA.txt NVRAM :スクリプト BES-53248 RCF_v1.6 - Cluster-HA.scr +` 。
    注記 スクリプトを呼び出す前に '.scr 拡張子をファイル名の一部として設定する必要がありますこれは、 EFOS オペレーティングシステムの拡張子です。スクリプトがスイッチにダウンロードされると、スイッチはスクリプトを自動的に検証し、コンソールに出力が表示されます。また ' 読みやすくするために '.scr の名前をコンソール画面に合わせて変更することもできますたとえば '+copy のようにします http://172.19.2.1/tmp/BES-53248_RCF_v1.6-Cluster-HA.txt NVRAM :スクリプト rcf_v1.6 - Cluster-HA.scr +` 。
  4. スクリプトがダウンロードされ、指定したファイル名で保存されていることを確認します。

    「原稿リスト」

    (cs2) # script list
    
    Configuration Script Name                  Size(Bytes)  Date of Modification
    -----------------------------------------  -----------  --------------------
    BES-53248_RCF_v1.6-Cluster-HA.scr        2241         2020 09 30 05:41:00
    
    1 configuration script(s) found.
  5. スクリプトをスイッチに適用します。

    「原稿」が適用されます

    (cs2) # script apply BES-53248_RCF_v1.6-Cluster-HA.scr
    
    Are you sure you want to apply the configuration script? (y/n) y
    
    The system has unsaved changes.
    Would you like to save them now? (y/n) y
    Config file 'startup-config' created successfully .
    Configuration Saved!
    
    Configuration script 'BES-53248_RCF_v1.6-Cluster-HA.scr' applied.
  6. RCF を適用したあとに、追加ライセンスのポートを確認します。

    'How port All | exclude Detach'

    (cs2) # show port all \| exclude Detach
    
                     Admin     Physical     Physical   Link   Link    LACP   Actor
    Intf      Type   Mode      Mode         Status     Status Trap    Mode   Timeout
    --------- ------ --------- ---------- ---------- ------ ------- ------ --------
    0/1              Enable    Auto                    Down   Enable  Enable long
    0/2              Enable    Auto                    Down   Enable  Enable long
    0/3              Enable    Auto                    Down   Enable  Enable long
    0/4              Enable    Auto                    Down   Enable  Enable long
    0/5              Enable    Auto                    Down   Enable  Enable long
    0/6              Enable    Auto                    Down   Enable  Enable long
    0/7              Enable    Auto                    Down   Enable  Enable long
    0/8              Enable    Auto                    Down   Enable  Enable long
    0/9              Enable    Auto                    Down   Enable  Enable long
    0/10             Enable    Auto                    Down   Enable  Enable long
    0/11             Enable    Auto                    Down   Enable  Enable long
    0/12             Enable    Auto                    Down   Enable  Enable long
    0/13             Enable    Auto                    Down   Enable  Enable long
    0/14             Enable    Auto                    Down   Enable  Enable long
    0/15             Enable    Auto                    Down   Enable  Enable long
    0/16             Enable    Auto                    Down   Enable  Enable long
    0/49             Enable    40G Full                Down   Enable  Enable long
    0/50             Enable    40G Full                Down   Enable  Enable long
    0/51             Enable    100G Full               Down   Enable  Enable long
    0/52             Enable    100G Full               Down   Enable  Enable long
    0/53             Enable    100G Full               Down   Enable  Enable long
    0/54             Enable    100G Full               Down   Enable  Enable long
    0/55             Enable    100G Full               Down   Enable  Enable long
    0/56             Enable    100G Full               Down   Enable  Enable long
  7. スイッチで変更が行われたことを確認します。

    'how running-config'

    (cs2) # show running-config
  8. スイッチをリブートしたときにスタートアップコンフィギュレーションになるように、実行コンフィギュレーションを保存します。

    「メモリの書き込み」

    (cs2) # write memory
    This operation may take a few minutes.
    Management interfaces will not be available during this time.
    
    Are you sure you want to save? (y/n) y
    
    Config file 'startup-config' created successfully.
    
    Configuration Saved!
  9. スイッチをリブートし、実行コンフィギュレーションが正しいことを確認します。

    「再ロード」

    (cs2) # reload
    
    Are you sure you would like to reset the system? (y/n)y
    
    System will now restart!