日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ARL を使用したコントローラのアップグレードに関するガイドライン

ARL を使用して ONTAP 9.8 以降を実行するコントローラのペアをアップグレードできるかどうかは、プラットフォームおよび元のコントローラと交換用コントローラの両方の構成によって異なります。

ARL のアップグレードがサポートされます

ARL 手順 for ONTAP 9.8 以降を使用してノードのペアをアップグレードする場合は、 ARL が元のコントローラおよび交換用コントローラで実行されていることを確認する必要があります。

元のシステムでサポートされるすべての定義済みアグリゲートのサイズとディスク数を確認する必要があります。次に、サポートされるアグリゲートサイズとディスク数を、新しいシステムでサポートされるアグリゲートサイズとディスク数と比較する必要があります。を参照してください "参考資料" この情報がある Hardware Universe にリンクするには、次の手順を実行します。新しいシステムでサポートされるアグリゲートサイズとディスク数は、元のシステムでサポートされるアグリゲートサイズとディスク数以上であることが必要です。

元のコントローラを交換したときに、新しいノードが既存のノードとクラスタの一部になることができるかどうかは、クラスタ混在ルールで検証する必要があります。クラスタ混在ルールの詳細については、を参照してください "参考資料" Hardware Universe にリンクするには、次の手順を実行します。

注記 内蔵ドライブをサポートするシステム( FAS2700 または AFF A250 など)をアップグレードする場合でも内蔵ドライブがないときは、を参照してください "参考資料" および、 _ アグリゲートの再配置に含まれる手順を使用して、使用している ONTAP のバージョンに適したコントローラ Hardware_content を手動でアップグレードします。

FAS8080 や AFF8080 システムなど、ノードあたり 3 つ以上のクラスタポートを備えたシステムは、アップグレードを開始する前に、ノードあたり 2 つのクラスタポートにクラスタ LIF を移行してホームに戻す必要があります。ノードごとに 3 つ以上のクラスタポートを使用してコントローラのアップグレードを実行すると、アップグレード後に新しいコントローラのクラスタ LIF がなくなる可能性があります。

ARL を使用したコントローラのアップグレードは、 SnapLock Enterprise ボリュームおよび SnapLock Compliance ボリュームが設定されたシステムでサポートされます。

2 ノードスイッチレスクラスタ

2 ノードスイッチレスクラスタのノードをアップグレードする場合は、アップグレードの実行中もスイッチレスクラスタのノードをそのまま使用できます。スイッチクラスタに変換する必要はありません。

ARL のアップグレードはサポートされていません

次のアップグレードは実行できません。

  • 元のコントローラに接続されたディスクシェルフをサポートしない交換用コントローラへの接続

    を参照してください "参考資料" ディスクサポート情報の Hardware Universe にリンクするには、次の手順を実行します。

  • 内蔵ドライブを搭載したエントリレベルのコントローラ。たとえば、 FAS 2500 などです。

    内蔵ドライブを搭載したエントリレベルのコントローラをアップグレードする場合は、を参照してください "参考資料" ボリュームまたは storage を移動して _Upgrade にリンクし、 Data ONTAP に移動して、 clustered 手順を実行するノードのペアをアップグレードする _ に進みます。

トラブルシューティング

コントローラのアップグレード中に問題が発生した場合は、を参照してください "トラブルシューティングを行う" 詳細および解決策については、手順の末尾にあるセクションを参照してください。

発生した問題に対する解決策 が見つからない場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。