日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ノード 4 のインストールを確認します

node4 のインストールとブートの完了後、正しくインストールされていること、クラスタの一部であること、および node3 と通信できることを確認する必要があります。

手順のこの時点で、ノード 4 がクォーラムに参加する間、処理が一時停止します。

手順
  1. ノード 4 がクォーラムに参加していることを確認し

    cluster show -node node4 -fields health`

  2. 次のコマンドを入力して、 node4 が node3 と同じクラスタに含まれていること、および正常であることを確認します。

    「 cluster show 」を参照してください

  3. 処理のステータスを確認し、 node4 の設定情報が node2 と同じであることを確認します。

    「 system controller replace show-sdetails 」というエラーが表示されます

    ノード 4 の設定が異なる場合は、あとで手順でシステムが停止する可能性があります。

  4. 交換したコントローラが MetroCluster 構成に対して正しく設定されており、スイッチオーバーモードでないことを確認します。

    注意 * 注意:この段階では、 MetroCluster 構成は正常な状態ではなく、エラーが発生していて解決できます。を参照してください "MetroCluster 構成の健全性を確認"

ノード 4 で VLAN 、インターフェイスグループ、およびブロードキャストドメインを再作成します

ノード 4 がクォーラムにあり、ノード 3 と通信できることを確認したら、ノード 2 の VLAN 、インターフェイスグループ、およびブロードキャストドメインをノード 4 に再作成する必要があります。node3 のポートは、新しく作成したブロードキャストドメインにも追加する必要があります。

VLAN 、インターフェイスグループ、およびブロードキャストドメインの作成と再作成の詳細については、を参照してください "参考資料" およびリンク先: _ ネットワーク管理 _ 。

手順
  1. で記録した node2 の情報を使用して、 node4 に VLAN を再作成します "ルート以外のアグリゲートと NAS データ LIF を node2 から node3 に再配置します" セクション。

    「 network port vlan create -node <node4 > -vlan <vlan-names> 」のように指定します

  2. で記録した node2 の情報を使用して、 node4 にインターフェイスグループを再作成します "ルート以外のアグリゲートと NAS データ LIF を node2 から node3 に再配置します" セクション。

    「 network port ifgrp create -node <node4 > -ifgrp <port_ifgrp_names> -distr-func 」のように指定します

  3. で記録した node2 の情報を使用して、 node4 にブロードキャストドメインを再作成します "ルート以外のアグリゲートと NAS データ LIF を node2 から node3 に再配置します" セクション。

    「 network port broadcast-domain create -ipspace Default -broadcast-domain <broadcast_domain_names> -mtu <mtu_size> -ports <node_name : port_name 、 node_name : port_name : port_name 」

  4. 新たに作成したブロードキャストドメインにノード 4 のポートを追加します。

    「 network port broadcast-domain add-ports -broadcast-domain <broadcast_domain_names> -ports <node_name : port_name 、 node_name : port_name : port_name 」

ノード 4 でキー管理ツールの設定をリストアします

NetApp Volume Encryption ( NVE )を使用してアップグレードするシステムのボリュームを暗号化する場合は、暗号化設定を新しいノードに同期する必要があります。ノード 1 のアグリゲートの ARL がノード 2 からノード 4 に完了すると、暗号化されたボリュームがオフラインになります。

手順
  1. オンボードキーマネージャの暗号化設定を同期するには、クラスタプロンプトで次のコマンドを実行します。

    この ONTAP バージョンの場合 …​ 使用するコマンド

    ONTAP 9.6 または 9.7

    セキュリティキー管理ツールのオンボード同期

    ONTAP 9.5

    security key-manager setup -node <node_name >

  2. オンボードキーマネージャのクラスタ全体のパスフレーズを入力します。