日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ノード 2 の情報を記録します

ノード 2 をシャットダウンして撤去する前に、クラスタネットワーク、管理、および FC ポートとその NVRAM システム ID に関する情報を記録しておく必要があります。この情報は、 node2 を node4 にマッピングしてディスクを再割り当てするときに、手順で必要となります。

手順
  1. ノード 2 のクラスタネットワークポート、ノード管理ポート、クラスタ間ポート、およびクラスタ管理ポートを特定します。

    network interface show -curr-node <node_name > -role cluster 、 intercluster 、 nodemmgmt 、 cluster-mgmt

    次の例に示すように、クラスタ内のそのノードと他のノードの LIF が表示されます。

    cluster::> network interface show -curr-node node2 -role
    cluster,intercluster,node-mgmt,cluster-mgmt
             Logical     Status     Network            Current     Current Is
    Vserver  Interface   Admin/Oper Address/Mask       Node        Port    Home
    -------- ----------  ---------- ------------------ ----------  ------- ----
    node2
             intercluster up/up     192.168.1.202/24   node2       e0e     true
             clus1        up/up     169.254.xx.xx/24   node2       e0a     true
             clus2        up/up     169.254.xx.xx/24   node2       e0b     true
             mgmt1        up/up     192.168.0.xxx/24   node2       e0c     true
    4 entries were displayed.
    注記 システムにクラスタ間 LIF がない可能性があります。クラスタ管理 LIF は、ノードペアの一方のノードにしか配置しません。の出力例にクラスタ管理 LIF が表示されています "手順 1." インレコード node1 のポート情報 _ 。
  2. セクションで使用する情報を出力に記録します "node2 のポートを node4 にマッピングします"

    出力情報は、新しいコントローラポートを古いコントローラポートにマッピングするために必要です。

  3. node2 の物理ポートを特定します。

    network port show -node <node_name > -type physical ` +

    `node_name は ' 移行するノードです

    次の例に示すように、 node2 の物理ポートが表示されます。

    cluster::> network port show -node node2 -type physical
    
                                                                 Speed (Mbps)
    Node   Port      IPspace      Broadcast Domain Link   MTU    Admin/Oper
    ------ --------- ------------ ---------------- ----- ------- -----------
    node2
           e0M       Default      IP_address       up       1500  auto/100
           e0a       Default      -                up       1500  auto/1000
           e0b       Default      -                up       1500  auto/1000
           e1a       Cluster      Cluster          up       9000  auto/10000
           e1b       Cluster      Cluster          up       9000  auto/10000
    5 entries were displayed.
  4. ポートとそのブロードキャストドメインを記録します。

    ブロードキャストドメインは、あとで手順の新しいコントローラのポートにマッピングする必要があります。

  5. node2 の FC ポートを確認します。

    「 network fcp adapter show 」のように表示されます

    次の例に示すように、 node2 の FC ポートが表示されます。

    cluster::> network fcp adapter show -node node2
                         Connection  Host
    Node         Adapter Established Port Address
    ------------ ------- ----------- ------------
    node2
                 0a      ptp         11400
    node2
                 0c      ptp         11700
    node2
                 6a      loop        0
    node2
                 6b      loop        0
    4 entries were displayed.
  6. ポートを記録します。

    出力情報は、手順の後半で新しいコントローラの新しい FC ポートをマッピングするために必要です。

  7. まだ設定していない場合は、 node2 にインターフェイスグループまたは VLAN が設定されているかどうかを確認します。

    ifgrp show`

    「 vlan show 」

    このセクションの情報を使用します "node2 のポートを node4 にマッピングします"

  8. 次のいずれかを実行します。

    状況 作業

    に記録された NVRAM システム ID 番号 "ノードをアップグレードする準備をします"

    に進みます "ノード 2 を撤去"

    NVRAM システムの ID 番号をに記録しませんでした "ノードをアップグレードする準備をします"

    - 完了しました 手順 9 および 手順 10 次に、次のセクションに進みます。 "ノード 2 を撤去"

  9. [man_record_2_step9] : node2 の属性を表示します

    「 system node show -instance -node node2 」

    cluster::> system node show -instance -node node2
                                ...
                     NVRAM System ID: system_ID
                               ...
  10. [man_record_2_step10] セクションで使用する NVRAM システム ID を記録します "ノード 4 をインストールしてブートします"