日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

新しいノードをセットアップ

寄稿者 netapp-pcarriga netapp-martyh

ストレージを移動してアップグレードするプロセスでは、 node3 と node4 の電源をオンにし、ソフトウェアイメージをブートしてノードを設定します。元のノードと新しいノードで、物理ポートのレイアウトが異なる場合があります。ポートと接続の適切なレイアウトを特定するには、元のノードと交換用ノードの間のポートのマッピングを行う必要があります。

新しいノードで実行されている ONTAP のバージョンが元のノードのバージョンと異なる場合は、ネットアップサポートサイトから Web にアクセスできるディレクトリに正しい「 <ONTAP_version>_image.tgz 」ファイルをダウンロードしておく必要があります( storage_, を移動するときのアップグレードの準備を参照してください)。 "手順 5.")。システムのネットブートを実行するには、「 <ONTAP_version>_image.tgz 」ファイルが必要です。

手順
  1. node3 の電源をオンにし、すぐにコンソール端末で Ctrl+C キーを押して LOADER プロンプトにアクセスします。

    node3 と node4 が同じシャーシにある場合は、手順 2 に進みます。ない場合は、手順 3 に進みます。

  2. node3 と node4 が単一シャーシ構成(同じシャーシ内にコントローラがある場合)の場合は、次の手順を実行します。

    1. ノード 4 にシリアルコンソールを接続します。

    2. ノード 4 の電源がオンになっていない場合はオンにし、コンソール端末で Ctrl+C キーを押してブートプロセスを中断して LOADER プロンプトにアクセスします。

      両方のコントローラが同じシャーシ内にある場合は、電源はすでにオンになっているはずです。

    node4 には LOADER プロンプトが表示されたままにします。この手順に戻り、 node3 の設置後に以下の手順を繰り返します。

  3. LOADER プロンプトで、次のコマンドを入力します。

    「デフォルト設定」

  4. LOADER プロンプトで、管理 LIF のネットブート接続を設定します。

    IP アドレス 作業

    DHCP

    自動接続を構成します :ifconfig e0M -auto

    静的

    手動接続を設定します。「 ifconfig e0M -addr= ip_addr-mask= netmask -gw= gateway 」

  5. LOADER プロンプトで、ノード 3 でネットブートを実行します。

    用途 作業

    FAS2200 、 FAS2500 、 FAS3200 、 FAS6200 、 FAS/AFF8000 シリーズシステム

    netboot\http://web_server_ip/path_to_webaccessible_directory/netboot/kernel`

    その他すべてのシステム

    netboot\http://web_server_ip/path_to_webaccessible_directory/ontap_version_image.tgz`

    「 path_to_the_web-accessible_directory 」は、ダウンロードした「 ONTAP_version_image.tgz 」ファイルの場所です。

    注記 新しいコントローラをネットブートできない場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。
  6. ブートメニューからオプション * ( 7 ) Install new software first * を選択し、新しいソフトウェアイメージをダウンロードしてブートデバイスにインストールします。

    "This 手順 is not supported for NonDisruptive Upgrade on an HA pair" というメッセージは無視しますIT 環境:ソフトウェアの無停止アップグレード。コントローラのアップグレードは対象外。

  7. 手順を続行するかどうかを尋ねられたら、「 y 」と入力します。パッケージの入力を求められたら、イメージファイルの URL を入力します。

    必要に応じてユーザ名とパスワードを入力するか、 Enter キーを押して続行します。

  8. 次のようなプロンプトが表示されたら 'n' を入力してバックアップ・リカバリをスキップします

    `Do you want to restore the backup configuration now? {y|n}`
  9. 次のようなプロンプトが表示されたら 'y' と入力して再起動します

    `The node must be rebooted to start using the newly installed software. Do you want to reboot now? {y|n}`
  10. リブートプロセスを中断するよう求めるプロンプトが表示されたら、 Ctrl+C キーを押してブートメニューを表示します。

  11. ブートメニューから * ( 5 ) Maintenance mode boot * を選択して、メンテナンスモードにアクセスします。

  12. 必要に応じて、ノードの FC ポートまたは CNA ポートへの変更を実施し、ノードをメンテナンスモードにリブートします。

  13. コマンド出力に「 ha 」と表示されていることを確認する必要があります。

    *> ha-config show
     Chassis HA configuration: ha
     Controller HA configuration: ha

    システムは、 HA ペア構成かスタンドアロン構成かを PROM に記録します。状態は、スタンドアロンシステムまたは HA ペア内のすべてのコンポーネントで同じである必要があります。

    「 ha-config modify controller ha 」コマンドは、コントローラ設定の「 ha 」を設定します。「 ha-config modify chassis ha 」コマンドを実行すると、シャーシ設定に「 ha 」が設定されます。

  14. メンテナンスモードを終了します。

    「 halt 」

    システムが LOADER プロンプトで停止します。