日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NVMEM バッテリを交換します - AFF A220 および FAS2700

システムの NVMEM バッテリを交換するには、コントローラモジュールをシステムから取り出して開き、バッテリを交換し、コントローラモジュールを閉じて交換する必要があります。

システムのその他のコンポーネントがすべて正常に動作している必要があります。問題がある場合は、必ずテクニカルサポートにお問い合わせください。

手順 1 :障害のあるコントローラをシャットダウンします

ストレージシステムのハードウェア構成に応じた手順を使用して、障害のあるコントローラをシャットダウンまたはテイクオーバーできます。

オプション 1 :ほとんどの構成

障害のあるコントローラをシャットダウンするには、コントローラのステータスを確認し、必要に応じて正常なコントローラが障害のあるコントローラストレージからデータを引き続き提供できるようにコントローラをテイクオーバーする必要があります。

このタスクについて
  • NetApp Storage Encryption を使用している場合は、 _ ONTAP 9 NetApp Encryption パワーガイド _ の「 SED を非保護モードに戻す」セクションの手順に従って MSID をリセットしておく必要があります。

  • SAN システムを使用している場合は、障害のあるコントローラの SCSI ブレードに関するイベントメッセージ( event log show )を確認しておく必要があります。

    各 SCSI ブレードプロセスは、クラスタ内の他のノードとクォーラムを構成している必要があります。交換を進める前に、すべての問題を解決しておく必要があります。

  • ノードが 3 つ以上あるクラスタは、クォーラムを構成している必要があります。クラスタがクォーラムを構成していない場合、または正常なコントローラで適格性と正常性について false と表示される場合は、障害のあるコントローラをシャットダウンする前に問題 を修正する必要があります。を参照してください "CLI での管理の概要"

  • MetroCluster 構成を使用している場合は、 MetroCluster 構成状態が構成済みで、ノードが有効かつ正常な状態であることを確認しておく必要があります(「 MetroCluster node show 」)。

手順
  1. AutoSupport が有効になっている場合は、 AutoSupport メッセージを呼び出してケースの自動作成を抑制します。「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=number_OF_hours_downh

    次の AutoSupport メッセージは、ケースの自動作成を 2 時間停止します。 cluster1 : * > system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=2h`

  2. 正常なコントローラのコンソールから自動ギブバックを無効にします。 storage failover modify – node local-auto-giveback false

  3. 障害のあるコントローラに LOADER プロンプトを表示します。

    障害のあるコントローラの表示 作業

    LOADER プロンプト

    コントローラモジュールの取り外しに進みます。

    ギブバックを待っています

    Ctrl キーを押しながら C キーを押し ' プロンプトが表示されたら y と入力します

    システムプロンプトまたはパスワードプロンプト(システムパスワードの入力)

    正常なコントローラから障害のあるコントローラをテイクオーバーまたは停止します。「 storage failover takeover -ofnode impaired_node_name _

    障害のあるコントローラに「 Waiting for giveback…​ 」と表示されたら、 Ctrl+C キーを押し、「 y 」と入力します。

  4. 障害のあるコントローラが HA ペアの一部である場合は、正常なコントローラのコンソールから自動ギブバックを無効にします。 storage failover modify -node local-auto-giveback false

  5. 障害のあるコントローラに LOADER プロンプトを表示します。

    障害のあるコントローラの表示 作業

    LOADER プロンプト

    次の手順に進みます。

    ギブバックを待っています

    Ctrl キーを押しながら C キーを押し ' プロンプトが表示されたら y と入力します

    システムプロンプトまたはパスワードプロンプト(システムパスワードの入力)

    障害のあるコントローラをテイクオーバーまたは停止します。

    • HA ペアの場合は、正常なコントローラから障害のあるコントローラをテイクオーバーします。「 storage failover takeover -ofnode impaired_node_name _

      障害のあるコントローラに「 Waiting for giveback…​ 」と表示されたら、 Ctrl+C キーを押し、「 y 」と入力します。

    • スタンドアロンシステムの場合:「 system node halt _impaired_node_name _

  6. システムのシャーシにコントローラモジュールが 1 つしかない場合は、電源装置をオフにして、障害のあるコントローラの電源コードを電源から抜きます。

オプション 2 :コントローラが MetroCluster に搭載されている

注記 2 ノード MetroCluster 構成のシステムでは、この手順を使用しないでください。

障害のあるコントローラをシャットダウンするには、コントローラのステータスを確認し、必要に応じて正常なコントローラが障害のあるコントローラストレージからデータを引き続き提供できるようにコントローラをテイクオーバーする必要があります。

  • ノードが 3 つ以上あるクラスタは、クォーラムを構成している必要があります。クラスタがクォーラムを構成していない場合、または正常なコントローラで適格性と正常性について false と表示される場合は、障害のあるコントローラをシャットダウンする前に問題 を修正する必要があります。を参照してください "CLI での管理の概要"

  • MetroCluster 構成を使用している場合は、 MetroCluster 構成状態が構成済みで、ノードが有効かつ正常な状態であることを確認しておく必要があります(「 MetroCluster node show 」)。

手順
  1. AutoSupport が有効になっている場合は、 AutoSupport メッセージを呼び出してケースの自動作成を抑制します。「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=number_OF_hours_downh

    次の AutoSupport メッセージは、ケースの自動作成を 2 時間停止します。 cluster1 : * > system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=2h`

  2. 正常なコントローラのコンソールから自動ギブバックを無効にします。 storage failover modify – node local-auto-giveback false

  3. 障害のあるコントローラに LOADER プロンプトを表示します。

    障害のあるコントローラの表示 作業

    LOADER プロンプト

    コントローラモジュールの取り外しに進みます。

    ギブバックを待っています

    Ctrl キーを押しながら C キーを押し ' プロンプトが表示されたら y と入力します

    システムプロンプトまたはパスワードプロンプト(システムパスワードの入力)

    正常なコントローラから障害のあるコントローラをテイクオーバーまたは停止します。「 storage failover takeover -ofnode impaired_node_name _

    障害のあるコントローラに「 Waiting for giveback…​ 」と表示されたら、 Ctrl+C キーを押し、「 y 」と入力します。

手順 2 :コントローラモジュールを取り外す

コントローラ内部のコンポーネントにアクセスするには、まずコントローラモジュールをシステムから取り外し、続いてコントローラモジュールのカバーを外す必要があります。

手順
  1. 接地対策がまだの場合は、自身で適切に実施します。

  2. ケーブルマネジメントデバイスに接続しているケーブルをまとめているフックとループストラップを緩め、システムケーブルと SFP をコントローラモジュールから外し(必要な場合)、どのケーブルが何に接続されていたかを記録します。

    ケーブルはケーブルマネジメントデバイスに収めたままにします。これにより、ケーブルマネジメントデバイスを取り付け直すときに、ケーブルを整理する必要がありません。

  3. ケーブルマネジメントデバイスをコントローラモジュールの右側と左側から取り外し、脇に置きます。

    DRW 25xx ケーブル管理アーム
  4. カムハンドルのラッチをつかんで解除し、カムハンドルを最大限に開いてコントローラモジュールをミッドプレーンから離し、両手でコントローラモジュールをシャーシから外します。

    DRW 2240 x オープンカムラッチ
  5. コントローラモジュールを裏返し、平らで安定した場所に置きます。

  6. カバーを開くには、青いタブをスライドしてカバーを外し、カバーを上げて開きます。

手順 3 : NVMEM バッテリを交換します

システムの NVMEM バッテリを交換するには、障害が発生した NVMEM バッテリをシステムから取り外して、新しい NVMEM バッテリと交換する必要があります。

手順
  1. 接地対策がまだの場合は、自身で適切に実施します。

  2. NVMEM の LED を確認します。

    • HA 構成のシステムの場合は、次の手順に進みます。

    • システムがスタンドアロン構成の場合は、コントローラモジュールをクリーンシャットダウンし、 NV アイコンのある NVRAM の LED を確認します。

      DRW hw NVRAM アイコン
      注記 システムを停止すると、内容がフラッシュメモリにデステージされている間、 NVRAM の LED が点滅します。デステージが完了すると LED は消灯します。
      • クリーンシャットダウンせずに電源が失われた場合は、 NVMEM の LED が点滅し、デステージが完了すると消灯します。

      • LED が点灯し、電源もオンになっている場合、書き込み前のデータは NVMEM に格納されます。

        一般にこの状況は、 ONTAP が正常にブートしたあとの異常シャットダウン中に発生します。

  3. コントローラモジュールで NVMEM バッテリの場所を確認します。

    DRW 2600 nvmem BATT repl アニメーション GIF
  4. バッテリプラグの場所を確認し、バッテリプラグ前面のクリップを押してプラグをソケットから外し、バッテリケーブルをソケットから抜きます。

  5. バッテリをコントローラモジュールから取り外し、脇に置きます。

  6. 交換用バッテリをパッケージから取り出します。

  7. バッテリケーブルをバッテリホルダー側面のケーブルチャネルに巻き付けます。

  8. バッテリホルダーのキーリブを金属板の側壁にある「 V 」ノッチに合わせてバッテリパックを配置します。

  9. バッテリパックを金属板の側壁に沿って下にスライドさせます。側壁のサポートタブがバッテリパックのスロットに収まると、バッテリパックのラッチがカチッという音を立てて側壁の開口部に固定されます。

  10. バッテリプラグをコントローラモジュールに再接続します。

手順 4 :コントローラモジュールを再度取り付けます

コントローラモジュールのコンポーネントを交換したら、モジュールをシャーシに再度取り付けます。

手順
  1. 接地対策がまだの場合は、自身で適切に実施します。

  2. コントローラモジュールのカバーをまだ取り付けていない場合は取り付けます。

  3. コントローラモジュールの端をシャーシの開口部に合わせ、コントローラモジュールをシステムに半分までそっと押し込みます。

    注記 指示があるまでコントローラモジュールをシャーシに完全に挿入しないでください。
  4. 必要に応じてシステムにケーブルを再接続します。

    光ファイバケーブルを使用する場合は、メディアコンバータ( QSFP または SFP )を取り付け直してください(取り外した場合)。

  5. コントローラモジュールの再取り付けを完了します。

    システムの構成 実行する手順

    HA ペア

    コントローラモジュールは、シャーシに完全に装着されるとすぐにブートを開始します。ブートプロセスを中断できるように準備しておきます。

    1. カムハンドルを開き、コントローラモジュールをミッドプレーンまでしっかりと押し込んで完全に装着し、カムハンドルをロック位置まで閉じます。

      注記 コネクタの破損を防ぐため、コントローラモジュールをスライドしてシャーシに挿入する際に力を入れすぎないでください。

      コントローラは、シャーシに装着されるとすぐにブートを開始します。

    2. ケーブルマネジメントデバイスをまだ取り付けていない場合は、取り付け直します。

    3. ケーブルマネジメントデバイスに接続されているケーブルをフックとループストラップでまとめます。

    4. 「 Press Ctrl-C for Boot Menu 」というメッセージが表示されたら、 Ctrl+C キーを押してブートプロセスを中断します。

      注記 プロンプトを見逃してコントローラモジュールが ONTAP を起動した場合は、「 halt 」と入力し、 LOADER プロンプトで「 boot_ontap 」と入力し、プロンプトが表示されたら「 Ctrl+C 」を押して、メンテナンスモードでブートします。
    5. 表示されたメニューからメンテナンスモードでブートするオプションを選択します。

    スタンドアロン構成です

    1. カムハンドルを開き、コントローラモジュールをミッドプレーンまでしっかりと押し込んで完全に装着し、カムハンドルをロック位置まで閉じます。

      注記 コネクタの破損を防ぐため、コントローラモジュールをスライドしてシャーシに挿入する際に力を入れすぎないでください。
    2. ケーブルマネジメントデバイスをまだ取り付けていない場合は、取り付け直します。

    3. ケーブルマネジメントデバイスに接続されているケーブルをフックとループストラップでまとめます。

    4. 電源装置と電源に電源ケーブルを再接続し、電源を入れてブートプロセスを開始し、「 Press Ctrl-C for Boot Menu 」 (Boot Menu を表示するには Ctrl+C を押してください ) というメッセージが表示されたら「 Ctrl-C 」を押してください。

      注記 プロンプトを見逃してコントローラモジュールが ONTAP を起動した場合は、「 halt 」と入力し、 LOADER プロンプトで「 boot_ontap 」と入力し、プロンプトが表示されたら「 Ctrl+C 」を押して、メンテナンスモードでブートします。
    5. ブートメニューからメンテナンスモードのオプションを選択します。

手順 5 :システムレベルの診断を実行します

新しい NVMEM バッテリを取り付けたら、診断を実行する必要があります。

システムレベルの診断を開始するには、システムに LOADER プロンプトが表示されている必要があります。

診断手順のコマンドは、すべてコンポーネントを交換するコントローラから実行します。

手順
  1. 作業をするコントローラに LOADER プロンプトが表示されていない場合は、次の手順を実行します。

    1. 表示されたメニューからメンテナンスモードオプションを選択します。

    2. コントローラが保守モードでブートしたら、コントローラを停止します

      コマンドを問題したら、システムが LOADER プロンプトで停止するまで待ちます。

      注記 起動プロセス中に 'y' をプロンプトに安全に応答できます
      • HA 構成でメンテナンスモードに切り替えたときに表示される、正常なコントローラが停止したままであることの確認を求めるプロンプト。

  2. LOADER プロンプトで、システムレベルの診断用に特別に設計されたドライバ「 boot_diags 」にアクセスします

    ブート・プロセス中に 'Maintenance] モードのプロンプト( *> )が表示されるまで 'y とプロンプトを入力しても安全です

  3. NVMEM メモリの診断を実行します: 'lddiag device run -dev nvmem

  4. NVMEM バッテリの交換が原因でハードウェアの問題が発生していないことを確認します。 `diag device status -dev nvme-long-state failed

    テストに失敗した場合は、プロンプトに戻ります。失敗した場合は、そのステータスがすべて表示されます。

  5. 前述の手順の結果に応じて、次に進みます。

    システムレベルの診断のテスト結果 作業

    は失敗なしで完了しました

    1. ステータスログ「 diag device clearstatus 」を消去します

    2. ログがクリアされたことを確認します。「 diag device status 」

      次のデフォルトの応答が表示されます。

      SLDIAG :ログメッセージが存在しません。

    3. 保守モードを終了します :halt

      コントローラに LOADER プロンプトが表示されます。

    4. LOADER プロンプトからコントローラをブートします

    5. コントローラを通常動作に戻します。

    コントローラの構成 作業

    HA ペア

    ギブバックを実行します。「 storage failover giveback -ofnode replacement_node_name _

    注記 自動ギブバックを無効にした場合は、 storage failover modify コマンドを使用して再度有効にします。

    2 ノード MetroCluster 構成

    次の手順に進みます。

    MetroCluster スイッチバック手順は、交換プロセスの次のタスクで実行します。

    スタンドアロン構成です

    次の手順に進みます。

    対処は不要です。

    これで、システムレベルの診断が完了しました。

    テストが失敗しました

    問題の原因を特定します。

    1. 保守モードを終了します :halt

      コマンドを問題したら、システムが LOADER プロンプトで停止するまで待ちます。

    2. シャーシ内のコントローラモジュールの数に応じて、電源装置をオフにするか、オンのままにします。

      • シャーシ内にコントローラモジュールが 2 つある場合は、他のコントローラモジュールに電力を供給するために、電源装置をオンのままにします。

      • シャーシ内にコントローラモジュールが 1 つしかない場合は、電源装置をオフにして電源から取り外します。

    3. システムレベルの診断を実行するための考慮事項をすべて確認するとともに、ケーブルがしっかりと接続されているか、ハードウェアコンポーネントがストレージシステムに適切に取り付けられているかを確認します。

    4. 対象となるコントローラモジュールをブートし、ブートメニューを表示するよう求められたら Ctrl+C キーを押してブートを中断します。

      • シャーシ内にコントローラモジュールが 2 つある場合は、対象となるコントローラモジュールをシャーシに完全に取り付けます。

        コントローラモジュールを完全に取り付けると、モジュールがブートします。

      • シャーシ内にコントローラモジュールが 1 つしかない場合は、電源装置を接続して電源をオンにします。

    5. メニューから、メンテナンスモードでのブートを選択します。

    6. 次のコマンドを入力して保守モードを終了します :halt

      コマンドを問題したら、システムが LOADER プロンプトで停止するまで待ちます。

    7. システムレベルの診断テストを再実行します。

手順 6 : 2 ノード MetroCluster 構成のアグリゲートをスイッチバックする

2 ノード MetroCluster 構成で FRU の交換が完了したら、 MetroCluster スイッチバック処理を実行できます。これにより構成が通常の動作状態に戻ります。また、障害が発生していたサイトの同期元 Storage Virtual Machine ( SVM )がアクティブになり、ローカルディスクプールからデータを提供します。

このタスクでは、環境の 2 ノード MetroCluster 構成のみを実行します。

手順
  1. すべてのノードの状態が「 enabled 」であることを確認します。 MetroCluster node show

    cluster_B::>  metrocluster node show
    
    DR                           Configuration  DR
    Group Cluster Node           State          Mirroring Mode
    ----- ------- -------------- -------------- --------- --------------------
    1     cluster_A
                  controller_A_1 configured     enabled   heal roots completed
          cluster_B
                  controller_B_1 configured     enabled   waiting for switchback recovery
    2 entries were displayed.
  2. すべての SVM で再同期が完了したことを確認します。「 MetroCluster vserver show 」

  3. 修復処理によって実行される LIF の自動移行が正常に完了したことを確認します。 MetroCluster check lif show

  4. サバイバークラスタ内の任意のノードから MetroCluster switchback コマンドを使用して、スイッチバックを実行します。

  5. スイッチバック処理が完了したことを確認します MetroCluster show

    クラスタの状態が waiting-for-switchback の場合は、スイッチバック処理がまだ実行中です。

    cluster_B::> metrocluster show
    Cluster              Configuration State    Mode
    --------------------	------------------- 	---------
     Local: cluster_B configured       	switchover
    Remote: cluster_A configured       	waiting-for-switchback

    クラスタが「 normal 」状態のとき、スイッチバック処理は完了しています。

    cluster_B::> metrocluster show
    Cluster              Configuration State    Mode
    --------------------	------------------- 	---------
     Local: cluster_B configured      		normal
    Remote: cluster_A configured      		normal

    スイッチバックが完了するまでに時間がかかる場合は、「 MetroCluster config-replication resync-status show 」コマンドを使用することで、進行中のベースラインのステータスを確認できます。

  6. SnapMirror 構成または SnapVault 構成があれば、再確立します。

手順 7 :障害が発生したパーツをネットアップに返却する

障害のある部品は、キットに付属する RMA 指示書に従ってネットアップに返却してください。を参照してください "パーツの返品と交換" 詳細については、を参照してください。