日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

障害のあるコントローラモジュール FAS500f をシャットダウンします

寄稿者 thrisun dougthomp netapp-martyh

  • NetApp Storage Encryption を使用している場合は、 _ ONTAP 9 NetApp Encryption パワーガイド _ の「 SED を非保護モードに戻す」セクションの手順に従って MSID をリセットしておく必要があります。

  • SAN システムを使用している場合は、障害ノードの SCSI ブレードに関するイベントメッセージ( event log show )を確認しておく必要があります。

    各 SCSI ブレードプロセスは、クラスタ内の他のノードとクォーラムを構成している必要があります。交換を進める前に、すべての問題を解決しておく必要があります。

  • MetroCluster 構成を使用している場合は、 MetroCluster 構成状態が設定されていることと、ノードが有効かつ正常な状態であることを確認しておく必要があります( MetroCluster node show )。

オプション 1 :ほとんどの構成

障害ノードをシャットダウンするには、ノードのステータスを確認し、必要に応じて正常なノードが障害ノードのストレージからデータを引き続き提供できるようにノードをテイクオーバーする必要があります。

ノードが 3 つ以上あるクラスタは、クォーラムを構成している必要があります。クラスタがクォーラムを構成していない場合や、正常なノードの資格と健全性に false と表示される場合は、障害ノードをシャットダウンする前に問題を修正する必要があります。を参照してください "CLI での管理の概要"

手順
  1. AutoSupport が有効になっている場合は、 AutoSupport メッセージを呼び出してケースの自動作成を抑制します。「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=number_OF_hours_downh

    次の AutoSupport メッセージは、ケースの自動作成を 2 時間停止します。 cluster1 : * > system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=2h`

  2. 正常なノードのコンソールから自動ギブバックを無効にします。「 storage failover modify – node local-auto-giveback false

  3. 障害ノードに LOADER プロンプトを表示します。

    障害ノードの表示 作業

    LOADER プロンプト

    コントローラモジュールの取り外しに進みます。

    ギブバックを待っています

    Ctrl キーを押しながら C キーを押し ' プロンプトが表示されたら y と入力します

    システムプロンプトまたはパスワードプロンプト(システムパスワードの入力)

    障害ノードをテイクオーバーまたは停止します。

    • HA ペアの場合は、正常なノードから障害ノードをテイクオーバーします。「 storage failover takeover -ofnode impaired_node_name _

      障害ノードに「 Waiting for giveback…​ 」と表示されたら、 Ctrl+C キーを押し、「 y 」と入力します。

オプション 2 :コントローラが MetroCluster に搭載されている

注記 2 ノード MetroCluster 構成のシステムでは、この手順を使用しないでください。

障害ノードをシャットダウンするには、ノードのステータスを確認し、必要に応じて正常なノードが障害ノードのストレージからデータを引き続き提供できるようにノードをテイクオーバーする必要があります。

  • ノードが 3 つ以上あるクラスタは、クォーラムを構成している必要があります。クラスタがクォーラムを構成していない場合や、正常なノードの資格と健全性に false と表示される場合は、障害ノードをシャットダウンする前に問題を修正する必要があります。を参照してください "CLI での管理の概要"

  • MetroCluster 構成を使用している場合は、 MetroCluster 構成状態が構成済みで、ノードが有効かつ正常な状態であることを確認しておく必要があります(「 MetroCluster node show 」)。

手順
  1. AutoSupport が有効になっている場合は、 AutoSupport メッセージを呼び出してケースの自動作成を抑制します。「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=number_OF_hours_downh

    次の AutoSupport メッセージは、ケースの自動作成を 2 時間停止します。 cluster1 : * > system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=2h`

  2. 正常なノードのコンソールから自動ギブバックを無効にします。「 storage failover modify – node local-auto-giveback false

  3. 障害ノードに LOADER プロンプトを表示します。

    障害ノードの表示 作業

    LOADER プロンプト

    コントローラモジュールの取り外しに進みます。

    ギブバックを待っています

    Ctrl キーを押しながら C キーを押し ' プロンプトが表示されたら y と入力します

    システムプロンプトまたはパスワードプロンプト(システムパスワードの入力)

    障害ノードをテイクオーバーまたは停止します。

    • HA ペアの場合は、正常なノードから障害ノードをテイクオーバーします。「 storage failover takeover -ofnode impaired_node_name _

      障害ノードに「 Waiting for giveback…​ 」と表示されたら、 Ctrl+C キーを押し、「 y 」と入力します。