日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

DIMM-FAS500f を交換します

システムで登録される修正可能なエラー修正コード( ECC )の数が増え続けている場合は、コントローラモジュールの DIMM を交換する必要があります。そのままにしているとシステムがパニック状態になります。

システムのその他のコンポーネントがすべて正常に動作している必要があります。問題がある場合は、必ずテクニカルサポートにお問い合わせください。

障害が発生したコンポーネントは、プロバイダから受け取った交換用 FRU コンポーネントと交換する必要があります。

手順 1 :障害のあるコントローラをシャットダウンします

構成に応じた適切な手順 を使用して、障害のあるコントローラをシャットダウンまたはテイクオーバーします。

オプション 1 :ほとんどの構成

障害のあるコントローラをシャットダウンするには、コントローラのステータスを確認し、必要に応じて正常なコントローラが障害のあるコントローラストレージからデータを引き続き提供できるようにコントローラをテイクオーバーする必要があります。

このタスクについて
  • NetApp Storage Encryption を使用している場合は、 _ ONTAP 9 NetApp Encryption パワーガイド _ の「 SED を非保護モードに戻す」セクションの手順に従って MSID をリセットしておく必要があります。

  • SAN システムを使用している場合は、障害のあるコントローラの SCSI ブレードに関するイベントメッセージ( event log show )を確認しておく必要があります。

    各 SCSI ブレードプロセスは、クラスタ内の他のノードとクォーラムを構成している必要があります。交換を進める前に、すべての問題を解決しておく必要があります。

  • ノードが 3 つ以上あるクラスタは、クォーラムを構成している必要があります。クラスタがクォーラムを構成していない場合、または正常なコントローラで適格性と正常性について false と表示される場合は、障害のあるコントローラをシャットダウンする前に問題 を修正する必要があります。を参照してください "CLI での管理の概要"

  • MetroCluster 構成を使用している場合は、 MetroCluster 構成状態が構成済みで、ノードが有効かつ正常な状態であることを確認しておく必要があります(「 MetroCluster node show 」)。

手順
  1. AutoSupport が有効になっている場合は、 AutoSupport メッセージを呼び出してケースの自動作成を抑制します。「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=number_OF_hours_downh

    次の AutoSupport メッセージは、ケースの自動作成を 2 時間停止します。 cluster1 : * > system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=2h`

  2. 正常なコントローラのコンソールから自動ギブバックを無効にします。 storage failover modify – node local-auto-giveback false

  3. 障害のあるコントローラに LOADER プロンプトを表示します。

    障害のあるコントローラの表示 作業

    LOADER プロンプト

    コントローラモジュールの取り外しに進みます。

    ギブバックを待っています

    Ctrl キーを押しながら C キーを押し ' プロンプトが表示されたら y と入力します

    システムプロンプトまたはパスワードプロンプト(システムパスワードの入力)

    正常なコントローラから障害のあるコントローラをテイクオーバーまたは停止します。「 storage failover takeover -ofnode impaired_node_name _

    障害のあるコントローラに「 Waiting for giveback…​ 」と表示されたら、 Ctrl+C キーを押し、「 y 」と入力します。

オプション 2 :コントローラが MetroCluster に搭載されている

注記 2 ノード MetroCluster 構成のシステムでは、この手順を使用しないでください。

障害のあるコントローラをシャットダウンするには、コントローラのステータスを確認し、必要に応じて正常なコントローラが障害のあるコントローラストレージからデータを引き続き提供できるようにコントローラをテイクオーバーする必要があります。

  • ノードが 3 つ以上あるクラスタは、クォーラムを構成している必要があります。クラスタがクォーラムを構成していない場合、または正常なコントローラで適格性と正常性について false と表示される場合は、障害のあるコントローラをシャットダウンする前に問題 を修正する必要があります。を参照してください "CLI での管理の概要"

  • MetroCluster 構成を使用している場合は、 MetroCluster 構成状態が構成済みで、ノードが有効かつ正常な状態であることを確認しておく必要があります(「 MetroCluster node show 」)。

手順
  1. AutoSupport が有効になっている場合は、 AutoSupport メッセージを呼び出してケースの自動作成を抑制します。「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=number_OF_hours_downh

    次の AutoSupport メッセージは、ケースの自動作成を 2 時間停止します。 cluster1 : * > system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=2h`

  2. 正常なコントローラのコンソールから自動ギブバックを無効にします。 storage failover modify – node local-auto-giveback false

  3. 障害のあるコントローラに LOADER プロンプトを表示します。

    障害のあるコントローラの表示 作業

    LOADER プロンプト

    コントローラモジュールの取り外しに進みます。

    ギブバックを待っています

    Ctrl キーを押しながら C キーを押し ' プロンプトが表示されたら y と入力します

    システムプロンプトまたはパスワードプロンプト(システムパスワードの入力)

    正常なコントローラから障害のあるコントローラをテイクオーバーまたは停止します。「 storage failover takeover -ofnode impaired_node_name _

    障害のあるコントローラに「 Waiting for giveback…​ 」と表示されたら、 Ctrl+C キーを押し、「 y 」と入力します。

手順 2 :コントローラモジュールを取り外す

コントローラモジュール内部のコンポーネントを交換する場合は、コントローラモジュールをシャーシから取り外す必要があります。

元の場所がわかるように、ケーブルにラベルを付けておいてください。

  1. 接地対策がまだの場合は、自身で適切に実施します。

  2. コントローラモジュールの電源装置のコードをソースから抜きます。

  3. 電源ケーブル固定クリップを外し、電源装置からケーブルを抜きます。

  4. コントローラモジュールの両側にあるラッチ機構に人差し指をかけ、親指でレバーを押し、コントローラをシャーシからゆっくりと引き出します。

    注記 コントローラモジュールを取り外しにくい場合は、(腕を交差させて)内側から穴に人さし指を入れます。
    DRW A250 PCM 取り外し取り付け

    レバー

    ラッチ機構

  5. コントローラモジュールの両側を両手で持ってシャーシからゆっくりと引き出し、平らで安定した場所に置きます。

  6. コントローラモジュールの前面にある取り付けネジを反時計回りに回して、コントローラモジュールのカバーを開きます。

    DRW A250 オープンコントローラモジュールカバー

    取り付けネジ

    コントローラモジュールカバー

  7. エアダクトカバーを持ち上げて外します。

    DRW A250 エアダクトカバーを取り外す

手順 3 : DIMM を交換する

DIMM を交換するには、エアダクトの上の DIMM マップラベルまたは DIMM の横の LED でコントローラモジュール内の DIMM の場所を確認してから、特定の手順に従って交換します。

DIMM を交換するには、次のビデオまたは表に示す手順を使用します。

  1. コントローラモジュールの障害のある DIMM を交換します。

    DIMM はマザーボードのスロット 3 または 1 にあります。スロット 2 と 4 は空のままです。DIMM をこれらのスロットに取り付けないでください。

    注記 ボード上の各 DIMM の横にある障害 LED が 2 秒ごとに点滅します。
    DRW A250 DIMM 交換
  2. 交換用 DIMM を正しい向きで挿入できるように、ソケット内の DIMM の向きをメモします。

  3. DIMM の両側にあるツメをゆっくり押し開いて、 DIMM をスロットから引き出します。

  4. コネクタにある DIMM のツメは開いたままにします。

  5. 交換用 DIMM を静電気防止用の梱包バッグから取り出し、 DIMM の端を持ってスロットに合わせます。

    注記 DIMM 回路基板のコンポーネントに力が加わらないように、 DIMM の両端を持ちます。
  6. 交換用 DIMM をスロットに対して垂直に挿入します。

    DIMM のソケットへの挿入にある程度の力が必要です。簡単に挿入できない場合は、 DIMM を再度挿入してソケットに正しく合わせ直してください。

  7. DIMM がソケットにまっすぐ差し込まれていることを目で確認してください。

手順 4 :コントローラモジュールを取り付ける

コントローラモジュールのコンポーネントを交換したら、コントローラモジュールをシャーシに再度取り付け、メンテナンスモードでブートする必要があります。

次の図または記載された手順を使用して、交換用コントローラモジュールをシャーシに設置できます。

  1. エアダクトをまだ取り付けていない場合は、取り付けます。

    DRW A250 エアダクトカバーを取り付ける
  2. コントローラモジュールのカバーを閉じ、取り付けネジを締めます。

    DRW A250 クローズコントローラモジュールカバー

    コントローラモジュールカバー

    取り付けネジ

  3. コントローラモジュールをシャーシに挿入します。

    1. ラッチのアームがすべて引き出された位置で固定されていることを確認します。

    2. コントローラモジュールを両手で位置に合わせ、ラッチのアームにゆっくりとスライドさせて停止させます。

    3. ラッチの内側から穴に人さし指を入れます。

    4. ラッチ上部のオレンジ色のタブで親指を押し下げ、コントローラモジュールをゆっくりと停止位置に押し込みます。

    5. ラッチの上部から親指を離し、ラッチが完全に固定されるまで押し続けます。

      コントローラモジュールは、シャーシに完全に装着されるとすぐにブートを開始します。ブートプロセスを中断できるように準備しておきます。

    コントローラモジュールを完全に挿入し、シャーシの端と同一平面になるようにします。

  4. システムにアクセスして以降のセクションのタスクを実行できるように、管理ポートとコンソールポートのみをケーブル接続します。

    注記 残りのケーブルは、この手順の後半でコントローラモジュールに接続します。

手順 5 :診断を実行します

システムのコンポーネントを交換したら、そのコンポーネントに対して診断テストを実行する必要があります。

診断を開始するには、システムに LOADER プロンプトが表示されている必要があります。

診断手順のコマンドは、すべてコンポーネントを交換するコントローラから実行します。

  1. 保守対象のコントローラが LOADER プロンプトに表示されていない場合は、コントローラをリブートします。「 system node halt -node node_name 」

    コマンドを問題したら、システムが LOADER プロンプトで停止するまで待ちます。

  2. LOADER プロンプトで、システムレベルの診断用に特別に設計されたドライバ「 boot_diags 」にアクセスします

  3. 表示されたメニューから「 * Scan System * (システムのスキャン)」を選択して、診断テストの実行を有効にします。

  4. 表示されたメニューから * Test Memory * を選択します。

  5. 前述の手順の結果に応じて、次に進みます。

    • テストに失敗した場合は、エラーを修正してからテストを再実行します。

    • テストでエラーが報告されなかった場合は、メニューから Reboot を選択してシステムをリブートします。

手順 6 :障害が発生したパーツをネットアップに返却する

障害のある部品は、キットに付属する RMA 指示書に従ってネットアップに返却してください。を参照してください "パーツの返品と交換" 詳細については、を参照してください。