日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

異なるサブネット間でのデータストアのマウントを有効にする

NFS または iSCSI を使用していて、 ESXi ホストとストレージシステムとでサブネットが異なる場合は、 VMware vSphere のプリファレンスファイル用の ONTAP ツールを変更する必要があります。プリファレンスファイルを変更しないと、 Virtual Storage Console ( VSC )でデータストアをマウントできないためにデータストアのプロビジョニングが失敗します。

  • このタスクについて *

データストアのプロビジョニングに失敗した場合、以下のエラーメッセージが記録されます。

' 続行できません。コントローラ上のカーネル IP アドレスとアドレスの相互参照時に IP アドレスが見つかりませんでした。

NFS マウント・ボリュームと一致するネットワークが ' これらのホストに見つかりません

  • 手順 *

    1. vCenter Server インスタンスにログインします。

    2. 統合アプライアンス仮想マシンを使用してメンテナンスコンソールを起動します。

    3. 「 4 」を入力して、 Support and Diagnostics オプションにアクセスします。

    4. 「 2 」を入力して、 Access Diagnostic Shell オプションにアクセスします。

    5. 「 vi /opt/NetApp/vscserver /etc/kamino/kaminoprefs.xml 」と入力して、「 kaminoprefs.xml 」ファイルを更新します。

    6. kaminoprefs.xml ファイルを更新します

      * を使用する場合 *

      * これをしなさい …​*

      iSCSI

      エントリキー「 efault.allow.iscsi.mount.networks` 」の値を「 ALL 」から ESXi ホストのネットワークの値に変更します。

      NFS

      エントリキー「 efault.allow.nfs.mount.networks` 」の値を「 ALL 」から ESXi ホストのネットワークの値に変更します。

      プリファレンスファイルには、これらのエントリキーのサンプル値が含まれています。

    注記 値「 all 」はすべてのネットワークを意味するわけではありません。「 all 」の値を指定すると、ホストとストレージシステムの間にある一致するすべてのネットワークが、データストアのマウントに使用されます。ホストネットワークを指定すると、指定したサブネット間でのみマウントを有効にできます。
    1. 'kaminoprefs.xml ファイルを保存して閉じます