日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP ツールの VMware Cloud Foundation 配置モード

VMware vSphere 用の ONTAP ツールは、 VMware Cloud Foundation ( VCF )環境に導入できます。VCF の導入の主な目的は、クラウドセットアップで ONTAP ツールを使用し、 vCenter Server なしでコンテナを作成することです。

VCF モードでは、 vCenter Server を使用せずにストレージ用のコンテナを作成できます。VCF モードで ONTAP ツールを導入したあと、 VASA Provider はデフォルトで有効になります。導入が完了したら、 REST API を使用してストレージシステムを追加し、コンテナを作成できます。API 呼び出しを認証する apply-api-token を生成する新しい API が導入されました。既存の API の中には、 _apply-api-token_header が含まれるように変更されたものもあります。

VCF 展開モードで使用できる API は次のとおりです。

* API *

* HTTP メソッド *

* 新規 / 変更済み *

* セクションヘッダー *

/1.0/admin/containers を使用してください

取得

新規

コンテナ

/1.0/admin/containers を使用してください

投稿( Post )

新規

コンテナ

/1.0/VCF/user/login

投稿( Post )

新規

ユーザ認証

/1.0/admin/storage-systems

取得

変更されました

ストレージシステム

/1.0/admin/storage-systems

投稿( Post )

変更されました

ストレージシステム

/2.0/ ストレージ / クラスタ / 検出

投稿( Post )

変更されました

ストレージシステム

/2.0/ ストレージ / 機能プロファイル

取得

変更されました

ストレージ機能プロファイル

/2.0/tasks/{id}

取得

変更されました

タスク

VCF 導入モードでは、 VVOL データストアのみを使用できます。コンテナを作成するには、 VCF 導入用にカスタマイズした REST API を使用する必要があります。導入完了後、 Swagger インターフェイスから REST API にアクセスできます。VCF モードでコンテナを作成する際には、 Storage VM 、アグリゲート、およびボリュームの名前を指定する必要があります。これらのリソース用の ONTAP ツールは更新されないため、 ONTAP API を使用してこれらの詳細を取得する必要があります。

* ストレージオブジェクト *

* API *

Storage VM

API / SVM

アグリゲート

ストレージ / アグリゲート

ボリューム

ストレージ / ボリューム

コンテナ作成 API の実行中に、コンテナに既存のボリュームを追加できます。ただし、既存のボリュームの圧縮と重複排除の値がコンテナのストレージ機能に一致していることを確認する必要があります。値が一致しない場合、仮想マシンの作成は失敗します。次の表に、対応するストレージ機能プロファイルについて、既存のボリュームに必要な値の詳細を示します。

* コンテナストレージ機能プロファイル *

* 重複排除 *

* 圧縮 *

プラチナ

両方

両方

AFF のシック

両方

両方

AFF_Default

両方

両方

AFF_Tiering

両方

両方

AFF_encrypted

両方

両方

AFF_encrypted_Tiering

両方

両方

AFF_encrypted_Min50

両方

両方

FAS_DEFAULT

背景( Background )

なし

FAS_Max20

背景( Background )

なし

ブロンズ

なし

なし

ONTAP パッチ API を使用して適切な値を設定できます。

ONTAP ツールの VCF 配置では、コンテナ作成ワークフローのみが可能です。データストアのプロビジョニング、ストレージ機能プロファイルの作成、ディザスタリカバリなどの他のワークフローを使用する場合は、 Register.html ページを使用して vCenter Server に ONTAP ツールを登録する必要があります。VCF モードでの ONTAP ツールの制限事項は、ディザスタリカバリ用に SRA を設定できないことです。

VMware Cloud Foundation の導入ワークフロー