日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データストアのサイズを変更

データストアのサイズを変更することで、仮想マシンファイル用のストレージを拡張または縮小できます。データストアのサイズ変更は、インフラ要件の変更に合わせて必要になる場合があります。

  • このタスクについて *

VMFS データストアのサイズ変更時に包含ボリュームのサイズを変更するようにするには、 VMFS データストアの初期プロビジョニング時にストレージ属性セクションの既存のボリュームの使用 * オプションを使用せずに、各データストア用に新しいボリュームを自動的に作成するようにします。

NFS データストアのサイズは拡張または縮小できますが、 VMFS データストアの場合はサイズを拡張することしかできません。データストアのサイズ変更は、自動拡張および縮小オプションが設定された FlexGroup データストアでもサポートされます。VVOL データストアに含まれる従来のデータストアおよび FlexVol ボリュームの一部である FlexGroup は、既存のサイズよりも縮小することはできませんが、最大 120% まで拡張できます。これらの FlexGroup ボリュームと FlexVol ボリュームでは、デフォルトの Snapshot が有効になっています。

注記 ONTAP 9.9.1 以降で All SAN Array ( ASA )タイプのストレージプラットフォームを使用している場合、 16TB を超える VMDK サイズの VVOL データストアのみを作成できます。
  • 手順 *

    1. vSphere Client のホームページで、 * Hosts and Clusters * をクリックします。

    2. ナビゲーションペインで、データストアが含まれているデータセンターを選択します。

    3. データストアを右クリックし、 * NetApp ONTAP tools * > * assign QoS * を選択します。

    4. サイズ変更ダイアログボックスで、データストアの新しいサイズを指定し、 * OK * をクリックします。

      Storage Systems (ストレージシステム)メニューの * rediscover all * オプションを実行して、 Storage Systems and dashboard (ストレージシステムおよびダッシュボード)のストレージ・リストを手動で更新したり、次のスケジュールされた更新を待機したりできます。