日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SAN 環境向けの Storage Replication Adapter の設定

Site Recovery Manager ( SRM )向け Storage Replication Adapter ( SRA )を実行するには、事前にストレージシステムのセットアップが必要です。

  • 必要なもの *

保護対象サイトとリカバリサイトに次のプログラムがインストールされている必要があります。

  • SRM の場合

    SRM のインストールについては、 VMware サイトのドキュメントを参照してください。

  • SRA

    アダプタは SRM にインストールされます。

  • 手順 *

    1. 保護対象サイトで、プライマリ ESXi ホストがプライマリストレージシステムの LUN に接続されていることを確認します。

    2. プライマリ・ストレージ・システムで、「 ostype 」オプションが vmware に設定されている igroup に、 LUN が含まれていることを確認します。

    3. リカバリサイトの ESXi ホストが FC または iSCSI を使用して Storage Virtual Machine ( SVM )に適切に接続されていることを確認します。

      そのためには、 ESXi ホストの SVM 上にローカル LUN が接続されていることを確認するか、 SVM 上で「 fcp show initiators 」コマンドまたは「 iscsi show initiators 」コマンドを使用します。

NAS 環境向けの Storage Replication Adapter の設定

  • 必要なもの *

保護対象サイトとリカバリサイトに次のプログラムがインストールされている必要があります。

  • SRM の場合

    SRM のインストールに関するドキュメントは、 VMware のサイトで入手できます。

  • SRA

    SRM と SRA サーバにアダプタをインストールします。

  • 手順 *

    1. 保護対象サイトのデータストアに、 vCenter Server に登録された仮想マシンがあることを確認します。

    2. 保護対象サイトの ESXi ホストに、 Storage Virtual Machine ( SVM )の NFS エクスポートボリュームがマウントされていることを確認します。

    3. Array Manager ウィザードを使用して SRM にアレイを追加するときに、 NFS エクスポートが存在する IP アドレス、ホスト名、 FQDN などの有効なアドレスが NFS Address フィールドに指定されていることを確認します。

    4. リカバリサイトの各 ESXi ホストで「 ping 」コマンドを実行して、 SVM から NFS エクスポートへの接続に使用される IP アドレスにホストの VMkernel ポートからアクセスできることを確認します。