日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

仮想マシンストレージポリシーを設定

VVOL データストアで設定されている仮想マシンを管理し、仮想ディスクのレプリケーションなどのサービスを有効にするには、 VM ストレージポリシーを設定する必要があります。従来のデータストアの場合、これらの VM ストレージポリシーの使用は任意です。

  • このタスクについて *

vSphere Web Client には、デフォルトのストレージポリシーが用意されています。ただし、ポリシーを作成して仮想マシンに割り当てることは可能です。

  • 手順 *

    1. vSphere Client ページで、 * Menu * > * Policies and Profiles * の順にクリックします。

    2. [* 仮想マシンストレージポリシー > 仮想マシンストレージポリシーの作成 *] をクリックします。

    3. Create VM Storage Policy ページで、次の詳細を指定します。

      1. VM ストレージポリシーの名前と概要を入力します。

      2. 「 NetApp clustered Data ONTAP.VP.Vvol 」ストレージ * に対してルールを有効にするを選択します。

      3. 配置 (Placement) タブで必要なストレージ機能プロファイルを選択します

      4. レプリケーションを有効にするには、 * Custom * オプションを選択します。

      5. [Add rule* ] をクリックして [* Asynchronous * replication and Required SnapMirror Schedule] を選択し、 [* next] をクリックします。

      6. 表示された互換性のあるデータストアを確認し、 [ ストレージ互換性 ] タブで [ 次へ * ] をクリックします。

        データ保護 FlexVol ボリュームを含む vVol データストアの場合、互換性のあるデータストアのチェックは実行されません。

    4. [Review and Finish] * タブで選択した VM ストレージポリシーを確認し、 [Finish (完了) ] をクリックします。