日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

オンデマンドタスクのスケジュールを設定します

寄稿者

スケジュールを割り当てずにオンデマンドタスクを作成した場合、または別のスケジュールをタスクに割り当てる場合は、「 vserver vscan on-demand task schedule 」コマンドを使用してタスクにスケジュールを割り当てることができます。

「 vserver vscan on-demand task schedule 」コマンドで割り当てられたスケジュールは、「 vserver vscan on-demand task create 」コマンドで割り当てられたスケジュールよりも優先されます。

手順
  1. オンデマンドタスクのスケジュールを設定します。

    vserver vscan on-demand task schedule -vserver data_svm -task-name task_name -schedule cron_dschedule

    次のコマンドは、「 vs2 」 VM 上の「 Task2 」という名前のオンアクセスタスクをスケジュールします。

    cluster1::> vserver vscan on-demand-task schedule -vserver vs2 -task-name Task2 -schedule daily
    [Job 142]: Vscan On-Demand job is queued. Use the "job show -id 142" command to view the status.
    注記

    ジョブのステータスを表示するには、 job show コマンドを使用します。ジョブを一時停止して再開するには 'job pause コマンドと job resume コマンドを ' ジョブを終了するには job stop コマンドを使用します

  2. オンデマンドタスクがスケジュールされていることを確認します。 vserver vscan on-demand task show -instance data_svm -task-name task_name`

    すべてのオプションの一覧については、コマンドのマニュアルページを参照してください。

    次のコマンドは 'Task 2' タスクの詳細を表示します

    cluster1::> vserver vscan on-demand-task show -instance vs2 -task-name Task2
    
                               Vserver: vs2
                             Task Name: Task2
                    List of Scan Paths: /vol1/, /vol2/cifs/
                 Report Directory Path: /report
                          Job Schedule: daily
    Max File Size Allowed for Scanning: 5GB
                File Paths Not to Scan: /vol1/cold-files/
           File Extensions Not to Scan: mp3, mp4
               File Extensions to Scan: vmdk, mp*
          Scan Files with No Extension: false
               Request Service Timeout: 5m
                        Cross Junction: true
                   Directory Recursion: true
                         Scan Priority: low
                      Report Log Level: info

タスクの実行をスケジュールする前に、 SVM でスキャンを有効にする必要があります。