日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NIS サーバアクセスの設定

寄稿者

NIS アカウントが SVM にアクセスするためには、 NIS サーバから SVM へのアクセスを設定しておく必要があります。vserver services name-service nis-domain create コマンドを使用して、 SVM 上に NIS ドメイン設定を作成できます。

必要なもの
  • SVM に NIS ドメインを設定するためには、設定済みのすべてのサーバが使用可能でアクセスできる状態になっている必要があります。

  • このタスクを実行するには、クラスタ管理者または SVM の管理者である必要があります。

複数の NIS ドメインを作成できます。一度に「 active 」に設定できる NIS ドメインは 1 つだけです。

ステップ
  1. SVM に NIS ドメイン設定を作成します。 vserver services name-service nis-domain create -vserver SVM_name -domain client_configuration active true | false -nis-servers NIS_server_IPs

    コマンド構文全体については、を参照してください "ワークシート"

    注記

    ONTAP 9.2 以降では、フィールド「 -nis-servers 」が「 -servers 」に置き換えられています。この新しいフィールドには、 NIS サーバのホスト名または IP アドレスを指定できます。

    次のコマンドは、 SVM 「 engData 」に NIS ドメイン設定を作成します。NIS ドメイン「 nisdomain 」は作成時にアクティブになり、 IP アドレス「 192.0.2.180 」の NIS サーバと通信します。

    cluster1::>vserver services name-service nis-domain create
    -vserver engData -domain nisdomain -active true -nis-servers 192.0.2.180