日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ネームサービススイッチを作成します

寄稿者

ネームサービススイッチ機能を使用すると、 LDAP または NIS を代替ネームサービスソースとして使用できます。ネームサービスソースの参照順序を指定するには、「 vserver services name-service ns-switch modify 」コマンドを使用します。

必要なもの
  • LDAP サーバおよび NIS サーバのアクセスを設定しておく必要があります。

  • このタスクを実行するには、クラスタ管理者または SVM 管理者である必要があります。

ステップ
  1. ネームサービスソースの参照順序を指定します。

    vserver services name-service ns-switch modify -vserver SVM_name -database name_SERVICE_SWITC_DATABASESOURES -sources name_SERVICE_SOURE_ORDER を指定します

    コマンド構文全体については、を参照してください "ワークシート"

    次のコマンドは 'engData`s VM 上の passwd データベースの LDAP および NIS ネームサービスソースの検索順序を指定します

    cluster1::>vserver services name-service ns-switch
    modify -vserver engData -database passwd -source files ldap,nis