日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

高可用性

寄稿者 netapp-thomi

オンプレミスのデータセンターでは、フォールトトレランスとノンストップオペレーションを実現するために、物理ノードをハイアベイラビリティ( HA )ペアで構成します。ノードに障害が発生した場合や定期的なメンテナンスのためにノードを停止する必要がある場合、パートナーがストレージをテイクオーバーしてデータの提供を続けます。

クラウド環境では、オンプレミスの HA ペアと同じフォールトトレランスとノンストップオペレーションを実現するために、 Cloud Volumes ONTAP インスタンスの HA ペアを作成できます。クラウド HA ペアでは、次のリカバリ目標を設定できます。

  • RPO ( Recovery Point Objective :目標復旧時点)は 0 秒です。データはトランザクション的に整合性が保たれ、データ損失は発生しません。

  • RTO (目標復旧時間)は 60 秒です。システム停止が発生した場合は、 60 秒以内にデータを利用できるようにする必要があります。

クラウドプロバイダごとに、独自の HA アーキテクチャと構成オプションが用意されています。Cloud Volumes Service では、サービスレベル契約で高可用性が保証されます。