日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラウドで ONTAP を管理

寄稿者 netapp-thomi

自社データセンターとクラウドのどちらで ONTAP を使用している場合でも、同じインターフェイスを使用してストレージを管理できます。つまり、クラウドで ONTAP を管理する方法をすでに知っているということです。また、 Cloud Volumes ONTAP の導入や使用の簡単なグラフィカルインターフェイスとして、最新の使いやすい GUI も用意されています。Cloud Volumes ONTAP または Cloud Volumes Service の高度な管理が必要になる場合があります。これには、 System Manager 、コマンドラインインターフェイス( CLI )、または REST API を使用できます。

  • System Manager * は Cloud Volumes ONTAP または Cloud Volumes Service システム上で実行されるため、管理タスクを実行できます。

  • ONTAP CLI* を使用すると、すべての管理コマンドを実行できます。高度なタスクを実行する場合や、 CLI を使い慣れている場合は、 CLI の使用を推奨します。CLI には Secure Shell ( SSH )を使用して接続します。

  • ONTAP REST API * を使用すると、 Cloud Volume の作成と管理、およびプロビジョニングスクリプトとツールの開発が可能になります。Web ユーザインターフェイスから使用できる ONTAP 機能は、 REST API からも使用できます。状況によっては、このプログラムによるインターフェイスが役立つ場合もあります。特に開発者は、 Cloud Manager の処理に関連するプロセスを自動化できるため便利です。