日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ネットワークの表示と管理

寄稿者 netapp-barbe netapp-thomi このページの PDF をダウンロード

目次

ONTAP 9.8 以降では、ネットワークのコンポーネントと構成を示す図を表示できます。

この新しいネットワーク可視化機能を使用すると、ホスト、ポート、 SVM 、ボリュームなど全体のネットワーク接続パスをグラフィカルインターフェイスに表示できます。

[ ネットワーク ]>[ 概要 *] を選択するか、またはを選択すると、グラフィックが表示されます 青い矢印 ダッシュボードの * ネットワーク * セクションから。

次のカテゴリのコンポーネントが図に示されています。

  • ホスト

  • ストレージポート

  • ネットワークインターフェイス

  • Storage VMs

  • データアクセスコンポーネント

各セクションには、ネットワーク管理タスクと設定タスクを実行するためにマウスを合わせるか、選択することができる詳細が表示されます。

次の例は、グラフィックを操作して各コンポーネントの詳細を表示したり、ネットワークを管理するためのアクションを開始したりするさまざまな方法を示しています。

  • ホストをクリックすると、その構成(ポート、ネットワークインターフェイス、 Storage VM 、関連するデータアクセスコンポーネント)が表示されます。

  • Storage VM 内のボリューム数にカーソルを合わせると、ボリュームが選択されて詳細が表示されます。

  • 過去 1 週間のパフォーマンスを表示するには、 iSCSI インターフェイスを選択してください。

  • をクリックします 縦 3 ドット をクリックして、そのコンポーネントを変更するアクションを開始します。

  • 問題のあるコンポーネントの横に「 X 」と表示されている、ネットワークで問題が発生する可能性のある場所をすばやく特定します。