日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データを保護

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

このセクションのトピックでは、 ONTAP 9.7 以降のリリースで ONTAP System Manager を使用してデータ保護を設定および管理する方法について説明します。

ONTAP CLI を使用してデータ保護を設定および管理する場合は、次の内容を参照してください。

ONTAP 9.7 以前のリリースで OnCommand System Manager を使用してデータ保護を設定および管理する場合は、 ONTAP リリースの内容を参照してください。

データ保護の概要

Snapshot コピー、ミラー、バックアップ、ミラーとバックアップ関係を作成および管理して、データを保護します。

SnapMirror は、地理的に離れたサイトのプライマリストレージからセカンダリストレージへのフェイルオーバー用に設計されたディザスタリカバリテクノロジです。名前のとおり、 SnapMirror はセカンダリストレージに作業データのレプリカ(ミラー)を作成します。プライマリサイトで災害が発生した場合でも、セカンダリストレージからデータを引き続き提供できます。

a_vault_ は、基準への準拠およびその他のガバナンス関連の目的で、ディスクツーディスクの Snapshot コピーレプリケーションを実現するように設計されています。SnapMirror 関係では、通常、ソースボリューム内の Snapshot コピーだけがデスティネーションに含まれますが、 SnapVault デスティネーションはより長期間にわたって作成されたポイントインタイムの Snapshot コピーを保持します。