日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

MetroCluster サイトを管理する

寄稿者 netapp-thomi このページの PDF をダウンロード

ONTAP 9.8 以降では、 MetroCluster セットアップを管理するためのシンプルなインターフェイスとして System Manager を使用できます。

MetroCluster 構成では、 2 つのクラスタ間でデータを相互にミラーリングできるため、一方のクラスタが停止してもデータは失われません。

通常、組織は 2 つの異なる地域にクラスタをセットアップします。各ロケーションの管理者がクラスタを設定し、設定します。次に、一方の管理者が、データを共有できるように、クラスタ間にピア関係を設定します。

組織は、 ONTAP メディエーターを 3 番目の場所にインストールすることもできます。ONTAP メディエーターサービスは、各クラスタのステータスを監視します。一方のクラスタがパートナークラスタと通信できないことを検出すると、エラーがクラスタシステムまたはネットワーク接続に問題があるかどうかを監視対象に照会します。

ネットワーク接続に問題がある場合は、システム管理者がトラブルシューティング方法を実行してエラーを修正し、再接続します。パートナークラスタが停止すると、もう一方のクラスタがスイッチオーバープロセスを開始して両方のクラスタのデータ I/O を制御します。

また、スイッチオーバーを実行して、計画的メンテナンスのために一方のクラスタシステムを停止することもできます。メンテナンスを実行してスイッチバック処理を実行するクラスタを起動するまで、両方のクラスタのすべてのデータ I/O 処理がパートナークラスタによって処理されます。

管理できる処理は次のとおりです。