日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NAS ストレージをプロビジョニングする

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

このセクションのトピックでは、 ONTAP 9.7 以降のリリースで ONTAP System Manager を使用して NAS 環境を構成および管理する方法を説明します。

ONTAP CLI を使用して NAS 環境を設定および管理する場合は、次の内容を参照してください。

ONTAP 9.7 以前のリリースで OnCommand System Manager を使用して NAS プロトコルを設定および管理する場合は、次のコンテンツを参照してください。

ONTAP System Manager の NAS の概要を参照してください

ONTAP を使用すると、 Linux クライアントと Windows クライアントに、シンプルかつセキュアかつ効率的にデータを提供できます。

ONTAP System Manager は、以下のワークフローをサポートします。

  • NAS ファイルサービスに使用するクラスタの初期設定。

  • ストレージニーズを変更するための追加のボリュームプロビジョニング。

  • 業界標準の認証およびセキュリティ機能の設定とメンテナンス。

ONTAP System Manager を使用すると、 NAS サービスをコンポーネントレベルで管理できます。

  • プロトコル– NFS 、 SMB / CIFS 、またはその両方( NAS マルチプロトコル)

  • ネームサービス– DNS 、 LDAP 、 NIS

  • ネームサービススイッチ

  • Kerberos セキュリティ

  • エクスポートと共有

  • qtree

  • ユーザとグループのネームマッピング