日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NVMe ストレージをプロビジョニングする

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

このセクションのトピックでは、 ONTAP 9.7 以降のリリースで ONTAP System Manager を使用して NVMe を設定および管理する方法を説明します。

ONTAP CLI を使用して NVMe を設定および管理する場合は、次のコンテンツを参照してください。

ONTAP 9.7 以前のリリースで ONTAP System Manager を使用して NVMe を設定および管理する場合は、 OnCommand リリースの内容を参照してください。

NVMe の概要

NVMe ( Non-Volatile Memory Express )プロトコルを使用して、 SAN 環境にストレージを提供できます。NVMe プロトコルは、ソリッドステートストレージのパフォーマンスを高めるために最適化されています。

NVMe のストレージターゲットはネームスペースと呼ばれます。NVMe ネームスペースは、論理ブロックにフォーマットして標準ブロックデバイスとしてホストに提供できる不揮発性ストレージの容量です。FC および iSCSI で LUN をプロビジョニングして igroup にマッピングする場合と同様に、ネームスペースとサブシステムを作成し、ネームスペースをサブシステムにマッピングします。

NVMe ターゲットは、 FC スイッチとホスト側アダプタを使用して、標準の FC インフラを通じてネットワークに接続されます。

の詳細を確認してください "NVMe"