日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager による SAN の管理の概要

寄稿者 netapp-aherbin netapp-forry netapp-thomi

このセクションのトピックでは、 ONTAP 9.7 以降のリリースの System Manager を使用して SAN 環境を構成および管理する方法を説明します。

従来の System Manager ( ONTAP 9.7 以前でのみ使用可能)を使用している場合は、次のトピックを参照してください。

iSCSI プロトコルと FC プロトコルを使用して、 SAN 環境にストレージを提供できます。

概念の概要図

iSCSI および FC では、ストレージターゲットは LUN (論理ユニット)と呼ばれ、標準のブロックデバイスとしてホストに提示されます。LUN を作成して、イニシエータグループ( igroup )にマッピングします。イニシエータグループは、 FC ホスト WWPS と iSCSI ホストノード名の表であり、どのイニシエータがどの LUN にアクセスできるかを制御します。

FC ターゲットは FC スイッチおよびホスト側アダプタを介してネットワークに接続され、 World Wide Port Name ( WWPN ;ワールドワイドポート名)で識別されます。iSCSI ターゲットは、標準のイーサネットネットワークアダプタ( NIC )、ソフトウェアイニシエータを搭載した TOE カード、 CNA 、または専用の HBA を使用してネットワークに接続され、 iSCSI Qualified Name ( IQN )で識別されます。