日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapMirror によるビジネス継続性

寄稿者 netapp-rlithman このページの PDF をダウンロード

SnapMirror のビジネス継続性機能の概要

ONTAP 9.8 以降では、 System Manager を使用して LUN を保護し、透過的なアプリケーションフェイルオーバーを実現できます。これにより、 2 つの AFF クラスタまたは 2 つの All SAN Array ( ASA )クラスタを使用している場合でも、アプリケーションのフェイルオーバーによってビジネス継続性を自動的に確保できます。クラスタは混在できません。 2 つの AFF クラスタまたは 2 つの ASA クラスタで構成されている必要があります。ビジネス継続性を保護するために、 iSCSI プロトコルと FCP プロトコルがサポートされます。

SnapMirror のビジネス継続性機能には、次のようなメリットがあります。

  • ビジネスクリティカルなアプリケーションの自動フェイルオーバー

  • 整合グループを使用してアプリケーションの管理を簡易化し、従属書き込み順序の整合性を確保します

  • 各アプリケーションのフェイルオーバーをテストする機能

  • アプリケーションの可用性に影響を与えることなく、ミラークローンを瞬時に作成できます

SnapMirror のビジネス継続性ワークフロー

要件

SnapMirror のビジネス継続性機能には、次の要件があります。

  • 2 ノードの HA クラスタのみ– AFF または ASA の両方。混合がありません。

  • ONTAP メディエーターをインストールするために、 RHEL 7.6 または 7.8 または CentOS 8.0 または 8.1 を実行しているサーバまたは VM

  • データ保護または Premium Bundle ライセンス

サポート

SnapMirror のビジネス継続性機能は、次の機能をサポートします。

  • 同期レプリケーション

  • SAN プロトコル– FCP または iSCSI

  • 最大 5 つの整合グループ。それぞれの整合グループに最大 12 個のボリュームが含まれます

  • 整合グループを含め、 HA ペアごとに合計 80 個の同期関係を同時に作成できます

SnapMirror 同期ワークフロー