日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アグリゲートと RAID グループ

寄稿者

最新の RAID テクノロジは、障害が発生したディスクのデータをスペアディスクに再構築することでディスク障害から保護します。システムは ' パリティ・ディスク上のインデックス情報と ' 残りの正常なディスク上のデータを比較して ' 消失したデータを再構築しますダウンタイムや多大なパフォーマンス・コストは発生しません

アグリゲートは、 1 つ以上の _RAID グループで構成されます。 _raidtype_of アグリゲートは、 RAID グループ内のパリティディスクの数と、 RAID 構成で同時に保護されるディスク障害の数を決定します。

デフォルトの RAID タイプである RAID-DP ( RAID ダブルパリティ)の場合、 RAID グループごとに 2 本のパリティディスクが必要であり、同時に 2 本のディスクで障害が発生してもデータ損失から保護されます。RAID-DP の推奨される RAID グループサイズは、 HDD の場合は 12~20 本、 SSD の場合は 20~28 本です。

サイジング推奨事項の範囲内でより多くの本数の RAID グループを作成すると、パリティディスクのオーバーヘッドコストを分散させることができます。これは特に、容量ドライブよりもはるかに信頼性が高い SSD の場合に当てはまります。HDD アグリゲートの場合は、ディスクストレージを最大化する必要性と、大規模な RAID グループほど再構築に要する時間が長くなるといった相反する要件とのバランスを取る必要があります。