日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アプリケーション対応のデータ管理

寄稿者 netapp-thomi

アプリケーション対応データ管理( AppDM )を使用すると、 ONTAP 経由で導入するアプリケーションを、ストレージの観点ではなくアプリケーションの観点で記述できます。アプリケーションは、 System Manager と REST API を使用して、最小限の入力で簡単に設定してデータを提供できる状態にすることができます。

アプリケーション対応のデータ管理機能を使用すると、個々のアプリケーションレベルでストレージをセットアップ、管理、監視できます。関連する ONTAP のベストプラクティスを組み込むことで、必要なパフォーマンスサービスレベルと使用可能なシステムリソースを基にストレージオブジェクトを分散配置し、アプリケーションを最適にプロビジョニングします。

アプリケーション対応のデータ管理機能には、一連のアプリケーションテンプレートが含まれています。各テンプレートは、アプリケーションの設定をまとめた一連のパラメータで構成されています。これらのパラメータは、多くの場合デフォルト値であらかじめ設定されていますが、データベースのサイズ、サービスレベル、 LIF などのプロトコルアクセス要素、ローカルの保護条件、リモートの保護条件など、 ONTAP システムでストレージをプロビジョニングする際にアプリケーション管理者が指定できる特性を定義します。ONTAP は、 LUN やボリュームなどのストレージエンティティを、指定されたパラメータに基づいてアプリケーションに適したサイズとサービスレベルで設定します。

アプリケーションに対しては次のタスクを実行できます。

  • アプリケーションテンプレートを使用してアプリケーションを作成します

  • アプリケーションに関連付けられているストレージを管理します

  • アプリケーションを変更または削除します

  • アプリケーションを表示します

  • アプリケーションの Snapshot コピーを管理する

  • 整合グループを作成し、同一ボリュームまたは異なるボリューム内の複数の LUN を選択してデータ保護機能を提供します