日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

RDMA の概要

レイテンシの影響を受けやすいワークロードや広帯域幅ワークロードがある場合は、 ONTAP の Read Direct Memory Access ( RDMA )ソリューションを利用できます。RDMA を使用すると、ストレージシステムメモリとホストシステムメモリの間でデータを直接コピーでき、 CPU の中断やオーバーヘッドは発生しません。

ONTAP 9.10.1 以降では、を設定できます "NFS over RDMA" NVIDIA GPU を搭載したホストで GPU アクセラレーション対応のワークロードに NVIDIA GPUDirect Storage を使用できるようにするため。

ONTAP 9.10.1 では、 ONTAP ユーザ向け RDMA クラスタインターコネクトが、ペンスキークラスタ NIC を搭載した A400 または ASA400 ストレージシステムに導入されました。RDMA クラスタインターコネクトにより、レイテンシが低減され、フェイルオーバー時間が短縮され、クラスタ内のノード間の通信が高速化されます。適切なストレージシステムをセットアップすれば、追加の設定は不要です。