日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NFS over RDMA

寄稿者 netapp-ahibbard

NFS over RDMA は RDMA アダプタを使用し、ストレージシステムメモリとホストシステムメモリの間でデータを直接コピーできるため、 CPU の中断やオーバーヘッドは発生しません。

NFS over RDMA 構成は、レイテンシの影響を受けやすいワークロードや、マシンラーニングや分析などの広帯域幅ワークロードを使用するお客様向けに設計されています。NVIDIA は、 GPU Direct Storage ( GDS )を有効にするために RDMA 経由の NFS を拡張しました。GDS は RDMA を使用してストレージシステムと GPU メモリ間でデータを直接転送することで、 CPU とメインメモリを完全にバイパスし、 GPU 対応のワークロードをさらに高速化します。

ONTAP 9.10.1 では、 Mellanox CX-5 または CX-6 アダプタとともに使用する場合にのみ NFSv4.0 プロトコルでこの構成がサポートされます。これにより、 RoCE プロトコルのバージョン 2 を使用した RDMA がサポートされます。GDS は、 Mellanox NIC カードと MOFED ソフトウェアを搭載した NVIDIA Tesla および Ampere ファミリー GPU のみを使用してサポートされます。NFS over RDMA のサポートは、ノードローカルトラフィックのみに限定されます。同じノード上のすべてのコンスティチュエントがサポートされ、同じノード上の LIF からアクセスできる標準の FlexVol または FlexGroup 。

要件
  • ストレージシステムで ONTAP 9.10.1 が実行されている必要があります

  • HA ペアの両方のノードのバージョンを同じにする必要があります

  • ストレージシステムコントローラには RDMA のサポートが必要です(現在は A400 、 A700 、 A800 )。

  • RDMA でサポートされるハードウェア(例 Mellanox CX-5 または CX-6 )

  • RDMA をサポートするには、データ LIF を設定する必要があります。

  • クライアントで Mellanox RDMA 対応 NIC カードと Mellanox OFED ( MOFED )ネットワークソフトウェアを使用している必要があります。