日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NFS over RDMA 用に NIC を設定します

NFS over RDMA では、クライアントシステムとストレージプラットフォームの両方に NIC を設定する必要があります。

ストレージプラットフォームの構成

サーバに X1148 RDMA アダプタをインストールする必要があります。HA 構成を使用している場合は、フェイルオーバーパートナーに対応する X1148 アダプタを用意して、フェイルオーバー中も RDMA サービスを継続できるようにする必要があります。NIC は ROCE 対応である必要があります。

ONTAP 9.10.1 以降では、「 network port show -dma-protocols RoCE 」コマンドを使用して、 RDMA オフロードプロトコルのリストを表示できます

クライアントシステム構成

クライアントで Mellanox RDMA 対応 NIC カード(例 X1148 )および Mellanox OFED ネットワークソフトウェア。サポートされるモデルとバージョンについては、 Mellanox のドキュメントを参照してください。クライアントとサーバは直接接続できますが、スイッチのフェイルオーバーパフォーマンスが向上するため、スイッチの使用を推奨します。

クライアント、サーバ、およびスイッチ、およびスイッチ上のすべてのポートは、ジャンボフレームを使用して設定する必要があります。また、すべてのスイッチでプライオリティフロー制御が有効であることを確認します。

この設定を確認したら、 NFS をマウントできます。

手順
  1. 次のコマンドを使用して、 NFS サーバで RDMA アクセスが有効になっているかどうかを確認します。

    「 vserver nfs show -vserver _vserver_name _ 」のように表示されます

    デフォルトでは '-rdma を有効にする必要がありますサポートされていない場合は、 NFS サーバで RDMA アクセスを有効にします。

    「 vserver nfs modify -vserver vserver_name _dmardma enabled 」という形式です

  2. クライアントを RDMA 経由で NFSv4.0 にマウントします。

    1. proto パラメータの入力は、サーバの IP プロトコルのバージョンによって異なります。v4 の場合は 'proto=rdma' を使用しますV6 の場合は 'proto=rdma6` を使用します

    2. NFS ターゲットポートは、標準ポート 2049 ではなく、「 PORT = 20049 」で指定します。

      m ount-o vers=4,minorversion=0 、 proto=rdma, port=20049_Server_IP_address_://volume_path_mount_point

  3. * オプション *: クライアントをアンマウントする必要がある場合は 'unmount mount_path' コマンドを実行してください