日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NFS を使用して Linux サーバ用の NAS ストレージを有効にします

寄稿者 netapp-thomi netapp-aherbin netapp-forry netapp-barbe このページの PDF をダウンロード

Storage VM を変更して、 NFS サーバが Linux クライアントにデータを提供できるようにします。

この手順は既存の Storage VM を有効にします。ここでは、環境内で必要な認証サービスまたはセキュリティサービスの構成の詳細が記載されていることを前提としています。

NFS を使用して Linux サーバで NAS を有効にするワークフロー図

手順
  1. 既存の VM で NFS を有効にします。 [ * ストレージ ] 、 [ ストレージ VM * ] の順にクリックし、 Storage VM を選択して、 [ * 設定 * ] をクリックし、をクリックします 設定アイコン NFS * 。

  2. Storage VM ルートボリュームのエクスポートポリシーを開きます。

    1. Storage > Volumes * をクリックし、 Storage VM のルートボリューム(デフォルトは _volume-name_root )を選択して、 * Export Policy * に表示されるポリシーをクリックします。

    2. ルールを追加するには、 [ * 追加 ] をクリックします。

      • クライアント仕様 = 0.0.0.0 /0`

      • アクセスプロトコル = nfs

      • アクセスの詳細 = UNIX 読み取り専用

  3. ホスト名解決用の DNS の設定:「 * Storage 」 > 「 Storage VM* 」をクリックし、 Storage VM を選択して「 * Settings 」をクリックし、をクリックします 設定アイコン DNS の下。

  4. 必要に応じてネームサービスを設定

    1. Storage > Storage VM* をクリックし、 Storage VM を選択して * Settings * をクリックし、 for をクリックします 設定アイコン LDAP または NIS 。

    2. ネームサービススイッチファイルに変更を加えた場合は追加します。をクリックします 編集アイコン ネームサービススイッチタイル。

  5. 必要に応じて Kerberos を設定します。

    1. Storage > Storage VM* をクリックし、 Storage VM を選択して、 * Settings * をクリックします。

    2. をクリックします 矢印アイコン Kerberos タイルで、 * Add * をクリックします。